• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. デジタルまめ知識

デジタルまめ知識

だれでもYouTuberになれるの?

今や子どもがなりたい職業の上位の常連となった「YouTuber(ユーチューバー)」というお仕事。 最近は芸能人やスポーツ選手も続々とYouTuberデビューを果たし、その知名度を生かして本業とはまた違った魅力を発信しています。
では、芸能人でも有名人でもない、一般の人がYouTuberになれるのでしょうか?

mame20200302.jpg

■「YouTubeを楽しむこと」とYouTuberとの違い
結論からいうと、一般の人でもなれます。動画撮影→編集→アップロードできたら「あなたもYouTuber!」という可能性は大いにあるのです。 そしてなぜ職業として見られるかというと、自分が発信した動画に広告収入をつけ、その収益で生計を立てている人が実際に存在するからです。

一方で「広告収入が少しでも入ればラッキー」と考える程度の人や広告からの収入を目的とせず、単に趣味の一環として動画をアップロードする人もいます。 このような「YouTubeを楽しむ」程度であれば、確かに気負いなく始められそうですよね。

■YouTuberになるために必要な道具
準備するものとしては、最低限の機材としてスマートフォンとインターネットにつながる環境でしょうか。あとは、動画をアップロードするためのアカウント等も必要です。

「......あれ、簡単じゃない?」と思った方、人気YouTuberの動画を見たことはありますか? 画面には映っていなくても、撮影機材を固定しておくための三脚やきれいに撮影するための照明、 テロップや効果音を入れるための専用ソフト、そして何よりもより多くの人々を引き付けるように練られた構成、ガイドライン違反に抵触しない内容などなど、必要な道具やスキルをフル稼働して作っていることが画面から推測できます。そう考えると、やはり最低限の機材だけでは物足りないかもしれません。

■それでもYouTubeには夢がある
しかも時間も費用もある程度かけて動画を作ったとしても、それが広告収入を得られるコンテンツになる保証はありません。有名人は知名度があるので宣伝もしやすいですが、一般の人が「バズる」には、まさに内容で勝負。最初から有名YouTuberに肩を並べようとせず、まずは自分の好きなこと、伝えたいことを形にするところからスタートすればよいのではないでしょうか。見てくれた人の反応を少しずつフィードバックしていき、ついでに広告収入が得られ、そのうち気づけばYouTuberが本業になっていた、というのが理想的ですね。

さあ、あなたもYouTuberデビュー、してみませんか?

【著者】
あきまつ
編集・ライター。一児の母。WEB制作周りに興味を持ったのは約20年前。日々進化する新しい技術とドタバタ子育てに悪戦苦闘しながら、おはようからおやすみまで暮らしを見つめています。

«前のページへデジタルまめ知識TOPへ

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する