• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. デジタルまめ知識

デジタルまめ知識

「Twitterのシャドウバン」を知ろう

皆さんはTwitterを使っていますか?最新のトレンドをチェックしたり、自分で身の回りのことを投稿したりするSNSツールとして、活用している人も多いのではないでしょうか。

いつもと違う、そんなときは・・・

009627.jpg
Twitterのプロフィールを見るとフォロワーがぐっと減っていたり、「いいね」やリプライ(リプともいう、返事のこと)がなかったり減っていたり、という現象が起こることはありませんか。それは「シャドウバン」という、Twitterからのちょっとしたペナルティを受けているからかもしれません。
一般的にアカウントが停止されたり使えなくなることを「バン(BAN)」と言いますが、「シャドウバン」の場合はTwitterが使えないわけではありません。ユーザー側が気づきにくいためこの呼び名がついたようですが、ではなぜこのように利用を制限しようとするのでしょうか。

思い当たる節はありませんか

そもそも「シャドウバン」を受けるということは、Twitterから不適切だとみなされるツイート等をしたからにほかなりません。「目をつけられている」といったところでしょう。当然、不適切とみなされる行為を繰り返せばやがて本当にアカウントの凍結やロックに至る場合もあります。思い当たる節はなくとも、ちょっと確認してみませんか。

・似たような内容を何度も投稿する
・特定のハッシュタグを何度も使って複数回投稿する
・複数のアカウントで似たような内容を何度も投稿する
・短期間にフォローをたくさんする

これらの動作を複数行っていた場合、「シャドウバン」にかかっていることが多いようです。

「シャドウバンテスト」で随時チェック

自分のアカウントが「シャドウバン」されていないかチェックするサイトがあるので、フォロー数が確実におかしいなと感じた場合などにご自身のアカウントをチェックしてみましょう。もし「シャドウバン」の判定が出ていたら必要なところは改善するなどして、規約に沿った使い方をするように心がけましょう。

【著者】
あきまつ

編集・ライター。一児の母。WEB制作周りに興味を持ったのは約20年前。日々進化する新しい技術とドタバタ子育てに悪戦苦闘しながら、おはようからおやすみまで暮らしを見つめています。

«前のページへデジタルまめ知識TOPへ

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する