• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. デジタルまめ知識

デジタルまめ知識

動画アプリTikTokの魅力

009714.jpg 「TikTok(ティックトック)」というアプリを知っていますか? お子さんが中高生の方は耳にすることが多いのではないでしょうか。
TikTokとは、中国の企業が開発した「動画投稿アプリ」です。60秒以内といういわゆるショートムービー系の代表的なアプリでしたが、最近では3分までの動画が投稿できるようになったため、利用の幅がより広がりました。当初は15秒しか投稿できなかったため、今でも「TikTokは15秒のショートムービー」という印象が強い方も多いかもしれません。

米英ではYouTubeより視聴時間が長いTikTok

動画というとすぐにYouTubeを思いつく人は多いかと思います。確かに日本や韓国ではYouTubeの視聴時間のほうが長いものの、アメリカ・イギリスではYouTubeよりも滞在視聴時間が長いアプリであるという調査会社のレポートもあります(注1)1本当たりの時間が短めにもかかわらず、なぜこんなに人気のアプリなのでしょうか。

人気の秘密は「とっつきやすさ」

TikTokは「楽曲を選ぶ」という部分に入っている音楽であれば、著作権を気にせず自由に使用して投稿することが可能です。また数多くのエフェクト効果も揃っていますので、初心者でも簡単に本格的な動画が作れるのが最大の魅力。撮影→加工→投稿までが手軽にできるとっつきやすさが

ユーチューバーならぬ人気「ティックトッカー」も多数輩出

今や子どものなりたい職業の上位の常連となりつつあるユーチューバー。YouTubeを使った動画配信にて収益を得る職業ですが、Tik Tokでも収益を挙げている

投げ銭
※文中で紹介しているのは、2021年12月現在の機能です。仕様が変更になることもありますのでご了承ください。
動画の時間が長ければいいというわけではなく、むしろ最初から最後まで動画を見た人の割合=視聴(再生)完了率が人気のバロメーターのひとつと言われているため、用途に応じて使い分ける必要があります。
注1:参考資料 https://www.appannie.com/en/insights/market-data/mobile-market-pandemic-recovery-signs/

【著者】
あきまつ

編集・ライター。一児の母。WEB制作周りに興味を持ったのは約20年前。日々進化する新しい技術とドタバタ子育てに悪戦苦闘しながら、おはようからおやすみまで暮らしを見つめています。

«前のページへデジタルまめ知識TOPへ

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する