• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. デジタルまめ知識

デジタルまめ知識

WordPressってなんだろう

23129375_l.jpg
WordPress(ワードプレス)はホームページやブログを無料で作ることができるCMS(コンテンツマネージメントシステム:ホームページを管理するシステム)です。自分でWebサイトを作りたいとき、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。今回はWordPressを超ざっくりと紹介したいと思います。

世界中のWebサイトに使われている

皆さんが何気なく見ているWebサイトの中にも、WordPressで作られたサイトは無数にあります。それだけ拡張性の高い、優れた機能をたくさん持つシステムです。
「システム」っていうだけでなんだか難しそう......。と思われるかもしれませんが、使い方のマニュアルはインターネットでも書籍でもたくさん出ていますので、それらを順を追っていけば初心者でも作れるようになっています。

WordPressのいいところ

通常、Webサイトを作成する場合はHTMLやプログラミングなどの知識やデザインのセンスなど、いろいろな要素が必須となります。しかしWordPressを使うと、難しい部分はシステム内の管理画面で処理してくれるので、ユーザは主に文字入力や画像を挿入するなどの作業で済みます。また、機能を追加したいときは「プラグイン」をインストールすることでだいたい解決できます。
なお、全体的なデザインの方向性は「テーマ」の選択で決まりますが、「プラグイン」や「テーマ」に関しては有料のものもあります。

無料といっても「家賃」はかかる

ちなみに、WordPressが「無料」というのは、ホームページやブログを作る部分において「無料」ということ。Webサイトとして見せるためには、ドメインとレンタルサーバーは用意しなければいけません。Webサイトが「家」なら、ドメインとレンタルサーバーはいわば「住所」と「家賃」。そしてそれらは有料であることがほとんどです。何から何まで「タダ」というわけではありませんので注意しましょう。

■WordPress、あえてのデメリット

おすすめしながらもあえてデメリットを挙げたいと思います。それはシステムのアップデートを行う必要があるということです。アップデートは不定期なので、いつ通知が来るかは分かりません。これは「お手入れ」のような意味合いもありますが、怠ってしまうとハッカーから標的にされるおそれもありますので。

【著者】あきまつ

編集・ライター。一児の母。WEB制作周りに興味を持ったのは約20年前。日々進化する新しい技術とドタバタ子育てに悪戦苦闘しながら、おはようからおやすみまで暮らしを見つめています。

«前のページへデジタルまめ知識TOPへ

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する