• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. マムボラ

マムボラ

キッズドア夏の寄付キャンペーン実施中!

日本を救う! 教育格差を突き崩す! ボランティアによる日本の子育て支援チーム「マムボラ」。私たちが支えよう子どもたちの未来。ボランティアとして活動したいあなたを応援します。

[マムボラ]では、学生ボランティアによる教育支援事業[ガクボラ]から情報提供を受けています。募集元へ直接応募するものと、[マムボラ]を介して応募するものの2種類があり、[マムボラ]からの応募情報は、[ガクボラ]に移管されます。
※面接などを必要とするボランティアもありますこと、あらかじめご了承ください。

\ 夏の寄付キャンペーン ! / 寂しい夏休みから、人生を変える夏休みへ!
子どもたちの夏期講習へのご支援お願いいたします

20150728.jpg
実施期間:2015年7月~8月

☆目標金額100万円!☆ ~7/24現在、19万円4千円! ~
※達成率は毎週、こちらのブログまたはfacebookなどでご報告致します!

一口寄付のお申し込みはコチラ!

http://www.kidsdoor.net/otona/kifu_sum.html

☆一口3000円よりお申し受け致します。
☆お支払いには銀行振込、郵便振替、現金書留、クレジットカードに対応しております。

一口寄付以外のご案内

http://www.kidsdoor.net/otona/kif.html

夏休み、経済的に厳しい環境にある子どもたちは・・・

貧困状況にある子どもの保護者は、決して怠けているわけではありません。例えば、子どもを産む時に正社員をやめてしまった女性は、いざ働こうと思っても正社員の職につくことが大変難しい。その結果、パートの仕事を2つも3つも掛け持ちしても十分な収入が得られません。

もちろん、夏休みも働かなければなりませんし、子どもたちと旅行に行ったりする経済的な余裕もありません。子どもにとってみれば、親が毎日仕事に行ってしまい、小学生は学校のプールなどの行事くらいしか予定がありません。中学生も運動部などは道具やユニフォーム、遠征などにお金がかかるので、遠慮をして入らない。給食がなくなるために、十分な食事がとれず夏休みに痩せてしまう子どももいます。多くの子どもにとって楽しい夏休みも、つらい寂しい期間になってしまう子どもたちが 6人に1人の割合でいます。

キッズドアでは、夏休みに無料の夏期講習やイベントをします。夕方あいている自習室も、夏休みは日中で開放時間も拡大。ボランティアさんと一緒に勉強したり、話したり、実験したり、ご飯を食べたり。

何よりもたくさんの人との触れ合いの機会をたくさん作ります。自分を支えてくれる人との出会いが、子どもたちの何よりの心の栄養であり、人を信頼する力が自分を信じる力になります。

寂しい夏休みから、人生を変える夏休みへ。
キッズドアの夏の活動を是非、みなさんで支えてください。

キッズドアとは・・・?

2007年より、すべての子どもが夢と希望のもてる社会の実現に向け「子どもの貧困」や「教育格差」を解決するため活動しています。教育機会の不平等を被りやすい子どもへ学習の機会提供として無料の学習支援を中心に行なっている団体です。詳しくは、キッズドアのホームページをご覧ください。http://www.kidsdoor.net/

お問合せ

特定非営利活動法人キッズドア
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL: 03-5244-9990 (平日10:00~18:00) FAX: 03-5244-9991
MAIL: info@kidsdoor.net 担当/浅井

マムボラTOPへ次のページへ»

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する