• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. マムボラ

マムボラ

無料英語学習支援プロジェクトEnglish Drive活動報告会開催

日本を救う! 教育格差を突き崩す! ボランティアによる日本の子育て支援チーム「マムボラ」。私たちが支えよう子どもたちの未来。ボランティアとして活動したいあなたを応援します。

[マムボラ]では、学生ボランティアによる教育支援事業[ガクボラ]から情報提供を受けています。募集元へ直接応募するものと、[マムボラ]を介して応募するものの2種類があり、[マムボラ]からの応募情報は、[ガクボラ]に移管されます。
※面接などを必要とするボランティアもありますこと、あらかじめご了承ください。

キッズドアでは、2010年より低所得の子どもたちのための学習支援を行なっています。
その中で、「みんな英語が全く出来ない!」という大きな壁にぶつかりました。

例えば中学3年生の6月に実施した英語単語テストがこんな感じの子も珍しくありません。

ph_20170110.png
「アルファベットが定着していない」
「英語を読めない。英語の教科書にはカタカナで全て
 ふりがな。」
「基本的な英単語を覚えていない。」
「文法が全くわからない。Be動詞と一般動詞の違いも
 わからない。」

あまりにも出来ないために、高校受験では「英語を捨てて」他の科目に勉強を振り向け点数を取るように指導をしなければならない生徒も少なくありません。

しかし、これからのグローバル化する社会で、「英語を捨てて」良いはずがありません。
英語がこんなに出来なければ、高校に入っても大変です。せっかくいい高校に入ったのに、英語の勉強についていけず赤点続きで最終的には転校を余儀無くされる子もいました。また、大学受験の際には、文系でも理系でも英語は必須です。さらに就職の際、英語が出来れば大きな武器になります。

貧困な子どもほど、英語ができたほうがいい。英語を武器にして欲しい。

そのためには、通常の5教科の学習会の中では、全然時間が足りません。
英語だけの勉強会を行いたいとお願いし、バンクオブアメリカ・メリルリンチ様のご支援をいただいてスタートしたのが、無料英語学習支援プロジェクト English Drive です。
指導はボランティアの方を中心に、単なる受験英語ではなく、Activityを組み合わせたプログラム構成は、英語がとても苦手な生徒にも、英語を好きにする効果が出ています。
まだまだ発展中ではございますが、中には、留学に挑戦するような生徒も出てきています。
ph_20170110-3.jpg この度、2015年春からスタートしたEnglish Driveの報告会を企画いたしました。

英語を貧困の連鎖から抜け出す強みにするために!ぜひその成果をご確認ください。

≪English Drive活動報告会概要≫

■日時: 2017年1月28日(土)14:00-16:00

■会場: メリルリンチ日本証券株式会社
     東京都中央区日本橋一丁目4番1号日本橋一丁目三井ビルディング 6階
     地下鉄銀座線、東西線、都営浅草線「日本橋駅」C1出口から直通

■プログラム
・English Drive プロジェクトの背景(低所得の子どもの英語力の現状と課題)
・Englsh Drive のプログラム概要
・EnglishDriveを支援する理由  バンクオブアメリカ・メリルリンチ 熊谷様
・ボランティアから見たEnglish Driveの魅力
・参加生徒からの英語による発表 など

■参加費: 無料(事前の申込が必要です)

■申込
PC・スマホ:https://ws.formzu.net/fgen/S21770469/
携帯電話 :https://ws.formzu.net/mfgen/S21770469/

■お問合せ
NPO法人キッズドア  English Drive担当
東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
03-5244-9990  info@kidsdoor.net

«前のページへマムボラTOPへ次のページへ»

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する