• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. 堤香苗のほんねのはなし

堤香苗のほんねのはなし

オグリキャップに泣きました

結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年。ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張るキャリア・マムの社長 堤香苗のブログ。

堤 香苗(つつみ かなえ):(株)キャリア・マム代表取締役 フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母)

2月も半ば過ぎて、今年度も残り1か月となりました。
私自身のセミナーもあと7本。でも、打ち合わせやらヒアリングやら、 なかなか社員とゆっくり話したり、仕事の事を考える時間が取れないですね。

会社を20年やっているというと、なんだかすごい経営者とか、出来る女みたいに勘違いされる事もあるのですが、私自身はいつもB級品って思っています。色んなできないことがあるから、会社という形でみんなに助けてもらって、ゴールまで一生懸命かっこ悪くも走っている感じなんですが、これだけ講演やったりしていると、かっこいい女性経営者って誤解されたりもす るんでしょうね。

で、先日NHKのプロフェッショナルという番組で、競走馬の「オグリキャップ」の特集をやってました。 皆さんは、ご覧になりましたか?
堤はフリーアナウンサーの時に、競馬の番組のアシスタントオーディションを受ける為に、競馬独特の言い回しや番組を見て勉強したりしたので、この芦毛の馬の事もよく覚えています。 地方競馬の馬は、なかなか中央競馬では走れないそうなんですが、馬主さんの色んな思いをしょって、オグリキャップは中央競馬で素晴らしい成績を残せたのですね。

この馬を見ていると、王道にいなかった馬が、ただ必死に前に出るだけで結果を残していく。サラブレットという血統に恵まれなくても、かっこ悪くても、前に前に、と走る姿が、とっても自分自身と重なる部分があって、ぼろぼろ泣きながらテレビを見ていました。 特に、力があるわけでも、商売の勉強をしたわけでもなく、思いだけで前へ前へと進んできました。 こうやって、走り続けながら、ばったりと前のめりに倒れて、天寿を全うできれば幸いだな、と。

成功が約束されていなくても、自分自身はどこまでも前のめりに走っていこう、と、そんな事を考えながら、ドキュメンタリー番組をみた堤でした。かっこ悪くても、がんばっていますので、ぜひセミナーなど皆さんも会いにいらしてくださいね!
honne20170221_ph.JPG

«前のページへ堤香苗のほんねのはなしTOPへ次のページへ»

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する