• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. キャリアアップ
  3. 在宅ワークまめ知識

在宅ワークまめ知識

誤字脱字をなくそう

お仕事をしている人、これから働こうと思っている人必見! 在宅ワークの知識やノウハウなど、お役立ち情報をお届けします。


誰でもしやすい「文字のまちがい」。 ときには、見る人をとてもがっかりさせることがあります。とくに、仕事のやりとりなどで誤字脱字があると、信頼を失いかねません。

誤字や脱字をなくすには、どう工夫したらよいのでしょうか。

■プリントアウトして確認する
パソコンで打った文字をパソコンで確認していると、意外に見落としが多いものです。画面から離れて、プリントアウトして確認しましょう。

mame20150514.jpg

■声に出して読む
目で追っているだけだと、意外と誤字脱字に気づきにくいものです。音読は手軽な確認方法。声が出せない場所であれば、人に聞こえないぐらいの口パクでも、ゆっくり心の中で読むだけでも違いますよ。

■ほかの人に確認してもらう
自分では気づかなくても、ほかの人に気づいてもらえることもあります。書いたものを読んでもらうのは恥ずかしいかもしれませんが、「聞くは一時の恥」、まちがったものを世に出すよりはずっとリスクが小さいですよ。

■くせを自覚する
以前テレビで、「『お願い』を『尾根ギア』と打ち間違えることがある」と話していたタレントさんがいて、「私も!」と思ったことがあります。指の運びは人それぞれくせがあるので、いちど間違えたことは記憶しておくとよいでしょう。

■覚え違いを自覚する
「○ひとつずつ ×ひとつづつ」「○うろ覚え ×うる覚え」など、そもそも勘違いをして覚えていて、間違いに気づかない場合があります。本や新聞、FacebookやTwitterでも構いません。他の人が書いたものをよく見る癖をつけましょう。自分とちがう書き方が見つかったらチェック!

■「Word」などのチェック・校正機能を利用する
パソコンのソフトで校正機能に頼るのも手です。「見れる」などの「ら」ぬき表現なども気にしてくれますよ。

■音声読上げソフトを利用する
機械音声は抵抗があるかもしれませんが、こういう方法もあるということで。

■名前はコピー&ペーストで
間違えてはいけないのが、会社名、部署名、氏名です。とくに仕事では、そんな人と一緒に仕事をしたいと思ってもらえない恐れもあります。手入力で変換ミスをするのは怖いので、コピー&ペーストで済ませることをおすすめします。

■よく使う言葉、文章は単語登録を
パソコンで「おつかれ」と打ったら「お疲れさまです、かにぞうです」とか、「よろ」と打ったら「よろしくお願いします。」と出るように、時間のあるときに登録しておくと便利です。

■携帯・スマホの予測変換に注意
携帯やスマホの予測変換はとても便利です。急いでいても、選択するときはゆっくり行いましょう。

余談ですが、携帯メールの予測変換で、夫の浮気相手へのメールを再現した人を知っています。あ、余談です、はい。

誤字脱字は、毎日いろいろな言葉や文章に触れることが大切です。文字に気を使う習慣をつけておくと、誤字脱字も防げると思いますよ。

«前のページへ在宅ワークまめ知識TOPへ次のページへ»

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する