東京認定インキューベーション施設 保育室のある仕事場 コワーキングCoCoプレイス

  • フェイスブック
  • お問い合わせ
  • 会員ログイン

CoCoマガジン

時代によって変わっていく起業スタイルに柔軟に対応!

<プロフィール>
株式会社日本政策金融公庫 
多摩創業支援センター 上席所長代理
中小企業診断士

南 宗成(みなみ・おさなり)氏

minami_pro02.jpg

南さんは、日本政策金融公庫(以下、日本公庫)で日々、創業時の資金調達などで悩んでいる創業者の方などから相談を受け、さまざまなアドバイスや融資審査を行うなど、ご活躍されています。そんな南さんに最近の起業の傾向などについてお話を伺いました。

----最近の起業の傾向について、どう思われますか?
 日本公庫にご相談に来られる方々は、資金を調達して計画的に起業したいという方が多いです。最近はインターネットビジネスでの起業であったり、事務所や高額な設備を必要としない少額の資金での起業(いわゆるプチ創業)の方の相談も増えています。起業のスタイルは多様化していると感じます。
 また、女性に関していうと、自宅でサロンを開業しようとか、自分が講師になってセミナーを開こうといった起業が増えています。「教える」「ケアする」という仕事は、プチ創業として起業しやすいからだと思います。
 日本公庫では、そういった起業についてもご相談を承っています。パソコンを買いたいとか広告を出したいとか、小さな金額でも手元にあれば活動がしやすいはずです。お気軽にご相談いただきたいですね。


----女性の起業をサポートする融資制度はありますか?
 日本公庫では女性の創業支援にも力を入れています。
 例えば「女性、若者/シニア起業家支援資金」という融資制度があります。この制度は「女性または35歳未満か55歳以上の方であって、 新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方」にご利用いただける融資制度です。
 また、創業時に融資を受けた方が、次のステップに進むために追加融資を活用したいというご相談も大歓迎です。

----コワーキングスペースを利用する方も増えていますが、メリット・デメリットは?
 メリットは、初期投資を抑えられることです。事務所を個別に賃借するとなれば、保証金や前家賃など多額のコストがかかります。その点、コワーキングスペースであれば、それほどコストをかけずに契約することができ、法人の登記も可能なところがほとんどです。しかも、コピー機やインターネット環境など、仕事に必要な環境が整備されていますので、すぐにでも事業を開始できます。また、起業に関するアドバイザーや先輩起業家が身近にいますので、情報面の支援も期待できるでしょう。
 起業は、小さく開始して大きく育てることがよいと言われています。スタート時のコワーキングスペースの利用は、コストや情報の面で理想的だと思います。
 なお、日本公庫の融資において、コワーキングスペースでの起業だから特に不利になるということはありません。
 デメリットとまでは言えませんが、飲食店や美容室など店舗や設備が必要な業種の方は、コワーキングスペースの起業は不向きかもしれません。しかし、そのようなケースでも、例えば、飲食店経営の方が、コワーキングスペースで開催される交流会のケータリングサービスを行い、店舗の知名度を上げたり、メニューに対して意見をもらうなど、マーケテイングの場としてコワーキングスペースを活用している方もおられるようです。コワーキングスペースに出入りすることで、情報や人脈も増えますよね。

minami_02.jpg

----審査判断のポイントを教えてください
 いろいろなケースがありますが、基本的にはその方の経営者としての資質を面談などでしっかり確認しています。また、創業計画が適切かどうかも必ず確認しています。物販を行うのであれば、その販売の見通しに具体性があるかなど、明確なビジョンをお持ちかどうかが大事です。
 起業する事業に対する、勤務経験の有無や年数なども重要視しています。勤務時にどういう業務を担当していたか、あるいは本人に勤務経験がなくても経験豊富なパートナーがいるか、などです。
 さらに、借入依存型の経営はリスクが高いので、自己資金の計画的な準備も重要だと思います。

----個人事業主か、法人化かについてはどのように思われますか?
 その事業の業種、事業規模、将来どうしていきたいかというビジョンなどによって、経営課題はいろいろと変わってきます。
 創業後に、個人事業主としてやっていくのか、法人化した方が良いのかを悩まれる方も多いですね。法人相手の取引では、お互い法人の方が信用度は高いでしょう。従業員を募集する上でも法人の方が集めやすいし、社会保険の加入というメリットもあります。一方で、法人を設立するには、設立手続きに手間やコストがかかります。
 ビジネスの将来像も考えた上で、個人事業主がよいのか法人がよいのかを判断するのがいいでしょう。

minami_01.jpg


----融資を実行した後のアフターフォロー
 日本公庫では、融資後のフォローアップの一つとして情報提供を行っています。メールマガジンの配信やセミナーの開催を通じて、専門家のノウハウや起業後の苦労話をお伝えする機会などを設けています。
 キャリア・マム様と一緒に女性起業家向けのセミナーなども開催しています。
 セミナーの参加者は年々増えています。起業して初めてわかる経営課題もあるからだと思います。
 事業を始めると、忙しさから目先のことばかりに目がいってしまいがちですので、情報提供を通じて経営について考える機会を持っていただくことも意識しています。次のステップへのモチベーションアップにつなげていただければ嬉しいです。
 コロナウイルスの影響で延期になってしまったセミナーもありますが、最新情報は日本公庫のホームページなどでお知らせします。

----これから起業をしたいと考えている人にひとこと!
 起業には「場所」「資金」「相手」の3要素が大切です。その中の「資金」面についてサポートさせていただいているのが、私たち日本公庫です。
 創業者を対象としてアンケート調査を実施した結果、7割の方が「起業してよかった」と回答しています。起業してビジネスを行っていく上で大変なことは多々ありますが、やりがいを感じ、満足している人は多いのです。
 日本公庫のサポートの仕組みを活用して、ぜひ夢を実現して頂きたいと思います。まずはお気軽にご相談ください。

───────────────────────────────────
◆日本政策金融公庫の融資制度
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/index.html
───────────────────────────────────