東京認定インキューベーション施設 保育室のある仕事場 コワーキングCoCoプレイス

  • フェイスブック
  • お問い合わせ
  • 会員ログイン

CoCoマガジン

"創る"アルバイト

期間が空いてしまいましたが、CoCoプレイスアルバイト紹介第3弾!

前回に引き続き・・・アルバイトの概観としての"創る仕事"ということについて紹介させていただきます。

CoCoプレイスでのアルバイトは施設を維持するための"繋ぐ仕事"がメインですが、アルバイト自身の裁量で、
施設をより良くしていくための"創る仕事"に携わることができます。

社長の堤は常々「施設をより良くするための意見をどんどん出していいよ!」と言ってくださり、
意見を出すだけではなく、良い意見であれば採用され施設づくりに携わることができます。

今回は実際に私が経験した2つの創る仕事について紹介します。

1つ目はCoCoプレイス文庫です!

CoCoプレイスには無料で読める文庫コーナーがあり、およそ400冊の本があります。
einaga03.JPG


アルバイトを始めて1か月くらいが過ぎたころ、何もない棚に数冊の本が置いてあったのを見て、
「ご利用者さんが仕事や作業の息抜きのお供になる文庫コーナーを作りたい」思い、
自らが高校生のころまでに読んだ本を250冊ほど寄贈してCoCoプレイス文庫のコーナーを作りました!

コロナ禍の影響から、ご利用者のみなさんも、文庫を手に取りまったりと休憩されることが減っており、
文庫を手に取ってもらえる機会も減ってしまいました。
そこで、SNSやメールマガジンなどを通して、ご利用者の皆様に魅力を伝えていきたいと思います!


2つ目はCoCoプレイスのオンライン交流会です。

einaga01.jpg
私は普段大学生としてzoomやGoogleフォームを使った
アンケート機能の活用に慣れているため、CoCoプレイスの立花さんと相談し、Googleフォームを使った
オンライン交流会参加のアンケート作成発案・作成に携わることができました。
また、zoomを使ったオンライン交流会の企画作成、オンライン交流会当日の司会進行、などをやらせていただき、
"参加者の想いを吐き出す場"をゼロから創る機会をいただくことができました。

この様に、CoCoプレイスでは、施設の今、そして未来を考えながら、自分に何ができるのか?を考えながら働かせてもらっています♪