東京認定インキューベーション施設 保育室のある仕事場 コワーキングCoCoプレイス

  • お問い合わせ
  • 会員ログイン

CoCoマガジン

独立起業、および独立後の経営に関するご相談をしっかり受け止めます!

<プロフィール>
藤原真由美(ふじわらまゆみ)
多摩市創業・経営支援事業推進員。
インキュベーション・マネージャー(JBIA認定)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(CFP®︎)
fu_04.jpg

藤原さんは、多摩市役所にて独立起業に関するご相談や、法人・個人事業主などの成長戦略に関するアドバイスや、
経営に関する悩み相談などを受け付ける総合窓口的な立場で、日々ご活躍されています。
そんな藤原さんの立場から、最近のご相談の傾向や便利な制度について語っていただきました。




------ご相談に来られる方はどのような方が多いですか? 傾向はありますか?
 大手企業も副業を解禁した流れで、「副業での起業」という選択肢も加わり、いろいろなご相談が増えています。
今まではできませんでしたが、まずは副業からいろいろやってみたい、という気持ちになった人は増えたと思います。
ご相談に来られる年齢層としては、20代後半から50代くらいのまでと年齢層の幅は広いという印象です。

性別としては、男性が多いですが、ご夫婦で相談に来られるケースも多くあります。
女性は趣味や特技をいかした創業、男性は副業や定年を見据えての創業など、これまでの経験をいかした創業という傾向が見られます。
副業を行うにしても、独立して事業をやっていこうとしている方にしても、個人事業主でやるのか、法人を設立した方がいいかなど、入り口の段階で悩まれている方が多くいます。
さらに、「社会保険はどうなるのか」「資金を借りることは出来るのか」「そもそも事業として成立するのか」など、
相談の内容は多岐に渡ります。
本当にいろいろなご相談があります。
わかってしまえば単純なことでも、わからない段階では不安が大きく、やはり相談に行ける場所が必要なのだと感じます。
fu_01.jpg


------独立に関する向き・不向きというのはわかるものでしょうか?
「自分のノウハウや製品・サービスを他の誰かに還元したい」というように、
相手の目線で物事を考えられているかどうかが大事だと思います。
そういう考え方をしっかり持っている方は、創業者に向いていると思います。
一瞬のブームなどにすぐ飛びついてしまったり、経験がないのに思いつきで創業してしまったりする方は長続きしないでしょう。
事業に対する「志」はとっても重要です。きちんとした考えがある、もしくは何があっても一本筋が通った考えがあることが、
これからの時代を生き抜いていくために、とても重要なのだと感じています。


------「志」があっても、ノウハウのない人はどうすればいいでしょうか?
その仕事に関するしっかりとした経験値があることは、とても大事です。
その仕事の経験がない方がいきなり仕事を受注することは難しいと思います。
ただ、経験がなければ経験のある方と組んで仕事をすればいいと思います。
経験のあるパートナーがいれば、問題ないでしょう。そういうパートナーがいるかどうかが重要です。


------コワーキングスペースを利用することのメリット・デメリットは?
コワーキングスペースはコスト削減になるので、積極的に活用していいと思います。
賃貸オフィスを借りると、安くても5万円くらいの家賃は発生しますし、そのほかに保証金とか敷金が必要になってきますが、
コワーキングであれば1万円前後で利用できるところもあります。
また、コワーキングスペースを利用することで、新しいビジネスチャンスにつながる出会いが生まれる可能性もあります。
セミナーやイベントに参加することによって自分の活動の枠になかった人脈や繋がりが生まれることもあります。
ただ、オープンスペースですから周囲の会話や雑音が気になることもあります。
でも、施設によっては利用者が静かに作業に集中できるコワーキングスペースもあるので、
まずは見学して自分に合った環境なのか確認することをお薦めします。
多摩市では、株式会社キャリア・マムが運営しているコワーキング施設を「多摩市のビジネス支援施設」として認定しています。
一定の条件を満たした創業者は、市の家賃補助を受けることができるので、ぜひ活用してください。


------個人事業主が法人へと成長するために意識するべきことはありますか?
個人事業主として仕事を続けるか、法人化して大きな成長を目指すのかということについては、数多くの方が悩むテーマです。
その事業内容や規模、また拡大を目指すのか安定を目指すのかによって選ぶ道筋が変わってくるでしょう。
いろいろな角度で判断する必要があります。
相手先によっては、取引相手が法人でないと取引できないというケースもありますから、
その事業によって個人か法人かを選ぶ必要も出てきます。それぞれの立場や状況を踏まえて、よく考えるべきだと思います。


------最近相談が増えている業種などはありますか?
どの業種の相談が多いのかということについては、一概にこの業種が多いということはありません。
例えば、大田区であれば街全体が工業という印象がありますが、多摩市にはそういう特徴がありません。


------多摩市の事業資金の制度などについて教えてください。
市内の中小企業者が事業を経営していくための事業資金を、低利・長期で借入できるように、
市内取扱金融機関と東京信用保証協会の協力を得て、多摩市が取扱金融機関に貸付あっせんを行い、
利子や信用保証料の一部または全部を補助する制度です。
既に事業を営んでいる方だけではなく、創業者向けの資金もありますので資金調達の際は検討していただければと思います。


------これから独立をしたいと考えている人にひとこと!
あなたは一人じゃないということを知ってください。
多摩市では、多摩信用金庫、多摩大学と連携して創業支援・経営支援を行っています。
また、キャリア・マムなどの一般企業や日本政策融公庫など国の支援機関とも横連携でサポートできる体制を整えています。
ひとりでただ悩んでいるよりも、サポートを利用した方が、突破口が見えるはずです。
市の窓口にて、ワンストップで相談を受けられますが、必要に応じて専門家にお繋ぎしています。
地域として、事業を行う方を育てる環境が多摩市にはあります。
人に相談することで、モヤっとしたものがはっきりするはずです。
わかっているつもりでも、実は思い込んでいるだけだということもありますから......。
また、創業者向けには「志創業塾」という創業を実践レベルで学べる講座を、
経営者向けには、事業の経営改善や売上向上をサポートする「経営塾」など、事業者の成長に応じたセミナーも行っています。
多摩市役所のWebサイト上にも情報が載っていますが、パンフレットをご用意しているので、ぜひご覧ください。
多摩市は地域一体型の支援体制で、創業から経営が成り立つまで成長ステージに合わせた支援メニューで、
創業者・経営者をサポートしています。

───────────────────────────────────
◆多摩市 創業・経営相談
https://www.city.tama.lg.jp/0000008604.html
◆多摩市 中小企業滋養資金貸付あっせん事業
http://www.city.tama.lg.jp/0000004206.html
◆多摩市ビジネス支援施設創業者利用料補助制度
https://www.city.tama.lg.jp/0000008572.html
───────────────────────────────────
fu_02.jpg