こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > 届かなかったラヴレター > 届かなかったラヴレター 2015

届かなかったラヴレター2015 大切な人への想いを綴ったラヴレターを募集します
応募要項
内容 大切な人への思いを綴ったラヴレターを募集
応募期間 2014年12月24日(水)~2015年3月14日(土)(当日消印有効)
賞 最優秀賞1編 3万円、審査員各賞予定
応募方法
1) キャリア・マム PCサイト応募フォーム
2) キャリア・マム 携帯サイト応募フォーム
3) 郵送
届かなかったラヴレター事務局宛(株式会社キャリア・マム内) 
〒206-0033 多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター5階
3) FAX 042-389-0230
※郵送・FAXで応募される方は、A4用紙に下記事項をご記入ください。
(1)郵便番号
(2)住所
(3)電話番号
(4)氏名
(5)年齢
(6)性別
(7)メールアドレス
(8)匿名希望の有無
(9)ペンネーム
(10)どこで募集を知りましたか?(当Webサイトなど)
※個人情報は慎重にお取扱いし、「届かなかったラヴレター」募集に関する発表や連絡、賞品の発送、出版その他、応募作品の利用における応募者の表示のみに使用します。
応募規定
  • 未発表作品に限る
  • 字数  400字以内
  • 1行でも、手紙でも、エッセイでも、大切な人への愛しい想いが
    詰まっているものであれば表現形式は自由
  • 郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレス、
     匿名希望の有無、ペンネーム
  • 応募者には、書籍化の際に、連絡する可能性あり
発表 資格不問
主   催 2015年5月中旬予定 キャリア・マムホームページ、
  届かなかったラヴレター公式Facebookページ上にて ※入賞者には通知
諸 権 利 株式会社キャリア・マム
諸 権 利 NPO法人Wink 理事  新川てるえ氏
写真家 三井昌志氏
歌手 クミコ氏
脚本家 今井雅子氏
株式会社キャリア・マム 代表取締役  堤香苗
諸 権 利 応募作品の著作権は主催者に帰属し、作品の返却はなし
Facebook「届かなかったラブレター」
シリーズ書籍ご案内
もうひとつの届かなかったラブレター
届かなかったラヴレター2014受賞作品

応募フォームはこちらモバイルでの応募はこちら
審査員紹介(敬称略50音順)

大阪府出身。コピーライター勤務の傍らNHK札幌の脚本コンクールで『雪だるまの詩』が入選し、脚本家デビュー。同作品で放送文化基金賞ラジオ番組部門本賞を受賞。映画作品に『パコダテ人』『子ぎつねヘレン』『ぼくとママの黄色い自転車』ほか。テレビ作品にNHK朝ドラ「てっぱん」、NHK「ビターシュガー」ほか。娘のつぶやく「たま語」をツイッター@masakoimai で発信中。
(http://www.masakoimai.com)

1982年シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でプロ活動をスタート。02年「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”としてヒットし一躍脚光を浴びる。10年「INORI~祈り~」がヒットとなり、第61回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。2014年3月には東宝音楽劇「ピトレスク」に出演。7月23日には最新シングル「広い河の岸辺」をリリースするなど各方面で精力的な活動を続ける。
(http://www.puerta-ds.com/kumiko/)

1964年 東京都葛飾区生まれ。千葉県柏市育ち。10代でアイドルグループのメンバーとして芸能界にデビュー。その後、2度の結婚、離婚経験を生かし97年12月にインターネット上でシングルマザーのための情報サイト「母子家庭共和国」を主宰。シングルマザーコメンテーター・家族問題カウンセラーとして雑誌、テレビなどに多数出演。2002年子どもの健全育成と家庭問題に悩んでいる女性の自立支援のためのNPO法人Winkを設立(http://www.npo-wink.org) 。2014年11月よりNPO法人M-STEP理事長に就任(http://m-step.org/) 。


1974年、京都市生まれ。アジアの辺境を旅しながら、「笑顔」と「働く人」をテーマに写真を撮り続けている写真家。旅した国は38ヶ国。著作に「写真を撮るって、誰かに小さく恋することだと思う。」「アジアの瞳」「スマイルプラネット」などがある。現在は、旅の経験を生かしたフォトエッセイの執筆や講演活動を精力的に行う一方、広告写真やCM撮影など、仕事の幅を広げている。 (http://www.tabisora.com)

自らの出産・育児体験を通じて得た経験をもとに、仕事と家庭をどちらも大切にしたい女性たちに、自宅または自宅周辺におけるテレワークやワークシェアという形態でキャリアをいかす新しい働き方を提案する「株式会社キャリア・マム」を設立。 現在2児の母。女性のキャリア・アップ支援」「主婦ビジネスの実態」「くちコミによるマーケティングやコミュニケーション術」「在宅ワーク」「ITビジネスの可能性 」等のテーマで講演、執筆の他、インターネットメディアのコーディネーターとしても幅広く活動中。
(http://www.c-mam.co.jp/blog-kanae/)