こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 16分=10万円

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

16分=10万円

  今日の日経新聞の夕刊に、米シカゴ大学の山口一男先生の「結婚満足度」をどう向上させるか?
という記事がありました。日本では、女性が結婚をして第一子を産むと、がくんと結婚満足度が下がり、
男女の不平等の家事や子育ての分担の負担に、第二子の出産を諦めたり、生活の満足度を下げないように選択をする、というものでした。なので、逆に夫に家事・子育ての負担をしてもらうことによって、世帯の総収入が低下した時に、どのぐらいの時間でその減額した金額が補填されるのかという調査で、なんと「16分=10万円/月」という結果が出たそうです。わずか16分の夫婦の会話で月に10万円の所得低下を補うことができるなんて、なんてこった~って感じです。切り取って見せてやりたい@夫。
  ちなみに、同様に10万円の月額の報酬低下を補って余りあるのは子育て関わりが15%から18%と、わずか3%アップするだけで結婚満足度も気持ちも充たされるのだそうです。ミヒャエルエンデの「モモ」じゃないけれど、お金で買えないものって、実はたくさんあって、それに気づかずに毎日を送って、手のひらから零れ落ちた時に初めて取り返しのつかないことを後悔するのでしょうね。
  前日の書き込みから冷戦の行く末が気になってるみなさんも多いでしょうから、とりあえず今月末まで10日間ほど、猶予期間を置くことにしました。態度が変わらなければ、その時はとっとと別居かなあ、っちゅうことで、また進展があれば、随時ご報告いたしま~す。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/10629

コメント(3)

猶予・・・、かなえ社長さすがに冷静。

10日間が(どちらになろうとも)意義のある時間となりますよう、祈っています!
(でも「夫に見せてやりたい」と思っていらっしゃるご様子からは・・・修復方向への意思が大きそう?(^^))

今後も”結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい”マムの代表!として、ますます輝いてください。

別居なんて、言わないで、早く、仲直りしてくださいね。。。。

新聞、切り取って見せたいんだから、まだまだ、存在感あり???(きっと・・・多分・・・・)

Mooさん、ゆうっちさん、コメントありがとうございます。今のところ、とりあえず少しは改善の余地は見えてますが…。根本はそんな生易しいところでもないので、まあ、ぼちぼちって感じでしょうか。家の中のふたりの写真とか、結婚指輪とかは、まだはずしたままです。(すでに5日経過)
 家族としての必要性が感じられればいいのですがね。ま、そのあたり、ボールはあっちにあるって感じです。@「結婚できない男」(TV見てました?)

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー