こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > なぜ、一緒に暮らすのだろう…

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

なぜ、一緒に暮らすのだろう…

  「今日、飲む」という短いメールで、本日も夫は遅いご帰還のようでございます。しかし、下戸な堤は、やっぱりなんで男の人が飲むのか、ようわからんのです。今日みたいに、9時近くまで会議となると、正直飲んできてくれるとほっとするわけですが、(やっぱり、朝からフルに働いたり会議だったりして、外出から帰ってから、酒飲みのめしの支度は、決して楽ではないですからね)そんな風に平日はすれ違い、休日は、逆転して、昼過ぎまで寝ている夫をみていると、正直、なんで一緒に暮らすのかなあ、と、考えてしまう今日この頃。今週末も、しまねツアーで、帰ってきたら夫はゴルフと、まさにすれ違い…。こんなんで、結婚生活、面白いのかなあ?今度機会があったら、聞いてみようと思うのだけど、そんな時間すらなくて。ほんまに、楽しい話題なんて、ひとつもしゃべってないよなあ。
  堤のところは、生活費をもらってない生活なので、今日このまま別れてしまっても、そんなに困ることも少なくて、なので余計にそんな風に感じるんだと思うんだけど、性格の不一致、とか、ほとほと愛想がつきた、っていう感じよりも、純粋に、「こんなんで、一緒に暮らしてて、おもしろいのかなぁ?」と思うんですよね、伝わります?伝わんないかな?もちろん、夫のことを愛してない、とか、嫌いなわけでもなく、むしろ逆に好きだからこそ、相手は、別にあたしと一緒に暮らさんでも、自分の自由時間に子供の顔だけ見れればええんやん、って感じに思えてしまって。それなら、それで、暇な時だけ、連絡してもらえれば、いつでも子供の顔ぐらい、見せたげるのにと。
  もうすぐオープンの40代からのパートナーたちへ贈るサイト『くらそね』なんかやってるから、余計にそんな「他人と暮らすことの意味」を考えるんだけど、やっぱり、考えれば考えるほど、よくわからない。明日にでも、荷物まとめて出てっても、別になんてことないんじゃないか、と、思ったりもするんですが、(あ、今、精神的にくそ忙しいので、やりませんよ、ハイ) たまに、いろいろな荷物を全部しょってる感覚になると、ダメですね。『うわーぁぁぁぁぁ!!!』って全部放り出したくなってしまってさ。
  毎週末の、掃除洗濯ゴミだし片付けetc。ちびっこギャングの相手から何から、まさに「わーぁ」状態の堤を支えてくれるのは、ひとえにちびおだったりするわけです。ほんまに、神様に感謝やね。やつが頑張ってるからこそ、あたしも、ぶちまかさずに辛抱しておりまする。相手にものすごく不満があるわけでもなく、不満を感じないように片目つぶっているのか、なんちゅうかようわからんのですが、倦怠期なのかな?でも、そんなかっちょ悪い時間を過ごすなら、いっそ…、なんて。そんな風に考えるから、いかんのかしら?
  やっぱりあたしって、集団生活向かないのかな、と、いつもそこに結論づけてしまうのだけど。たまには、自分にいいこいいこ、して、ご褒美あげないと、いけないんだろうなあ。ぼたんのとれたスーツの上着を一張羅のように着ていると、まるで自分を見ているようで、なんとなく情けなくなったりする堤でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/10642

コメント(5)

毎日拝見させていただいております。毎日多忙な中、一生懸命働いている母親の姿とってもすばらしいことです。
 私も堤さんくらいの時、同じ経験をしております。男性は今幸せならよいと考えている方が多く、後10年くらい経つとお互いに空気のような状態になっているため、居ないとなんとなく寂しい・居ると邪魔にはならないが、存在感を感じる。こんな関係が一番だと思います。今はお互いに元気だから、そんな風に思えると思いますが、きっとあなたにとって一番大事な人は「夫」と感じるときが来ます。毎日健康で働いていることに感謝することによって、前向きに頑張れると思います。堤さんあってのキャリア・マムです。これからも宜しくお願いいたします。(ごめんなさい、えらそうな事を書いてしまいました。うるさいおばさんが言ったことだと思ってください。)

こんばんは。
かなえ社長の文、じっくり読ませてもらいました。
何度も読み直してみました。
結婚て なんだろう?
私もたまに考えます。
私の場合は 好きな人と家族を作って楽しく暮らす。。はずだった結婚生活に じじとばばがいて、義弟夫婦も一緒に仕事して。
息苦しい~と思うこともしばしば。
でも、これも自分が選んだ道だからがんばるしかないのです。
私は。。ね。
かなえ社長、好きな人とすれ違う生活も寂しいですけど、
離れてしまったらきっともっとさみしい。
何も話できないけれど、そばにいるから安心していられるって部分もありませんか?
池谷さんがおっしゃるように、今は元気だから文句も言える。
文句の言える幸せってーことで。
私も 毎日文句文句(笑)
でも、子どもたちはかわいいし、この生活も捨てられないし。
たまにはいいこともあるはずだし。
たまにあるいい事を すごーく楽しむようにしてます♪
やっぱり、ポジティブシンキングになるほうがいい!
せっかくすてきなかなえ社長なんだもの、
ポジティブにいきましょう♪

かなり涙が出そうな気持ちで読みました。
なぜ一緒に暮らすのか… 今、私もそれを毎日のように考えてしまっているからです。
一緒に暮らしているほうが、寂しさを感じる、孤独感を感じる。子供と二人だけなら感じないのに、夫がいるとなぜか感じる寂しさ。
別々に暮らしたら、この寂しさ、感じることはないのではないか…でもそれが最善の策なのかが分からない…
かなえ社長の状況とはまた違うのかもしれませんが…

はじめましてm(。_。)m
ちょっと、かなえしゃちょーのぼやきにコメントしたくてカキコしてしまいました。
夫婦は所詮、赤の他人!ズーっと一緒にいれば、いろいろと不満や愚痴が出るのは当たり前だと思います。
そういう時期は必ずありますよー。
いっぱいいっぱい考える事もありますよー。
私も結婚して18年ですが、まだまだいろいろあります。
(ついこの間、家出しようと思いました。笑)

でもかなえしゃちょーにとって旦那様は大切なお宝を授けてもらったチョー本人です。がんばっていける力をくれる元をくれたチョー本人です。
いなくなったら、寂しいどころじゃないと思いますよ!
今は話さなくてもいるだけで安心感をもらっているのだと思いますよ。(いなくなって初めてわかる。。。)
私のような子供に恵まれない人からすれば、頑張れる力があるだけでも羨ましいですよ。

(結婚してから子供を授かることが、とても難しい事だと判りました。)

かなえしゃちょーにはファンがいっぱいいます。頑張ってくださいe(^。^)g

初めて書き込ませていただきます。
貴オフィスのすぐ近所に勤務しています40代男性です。

一番仕事が忙しかった10年程前は、若干ハンデある子育てを毎晩夫婦でミーティングしながらフル回転していました。
現在では子育ての物理的な大変さからは開放され、仕事時間にも多少余裕が持てるようになってきました。
なので家庭滞在時間は長くなりましたが、子どもらは思春期もあって父親とは話をしたがりませんし、なかなか難しいものです。
それでもそろそ就労の問題に夫婦で取り組む時期ですので、引き続きチームワークは大事にせねばと思っています。

そんな状況下、私たちは何故一緒に暮らしているのか? と自問することはよくあります。奇麗事ではありませんし経済合理性に勝る心情の絆がどれほどのものかはわかりません。
ただ、子どもたちがいろんな意味で自立するまでのインキュベーターとしての家庭はしっかり確保しておく覚悟と責任は抱いているつもりです。
その役割を終えたときに、夫婦がそれぞれどういうライフスタイルでいたいかは未知数ですが。

すみません。あまり本題に絡んでないかもしれません。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー