こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > たたまれない洗濯物と、洗われない食器たち

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

たたまれない洗濯物と、洗われない食器たち

  共働きの家庭にとって、月曜日って、家が唯一綺麗な日のはずなんですが、この日に週末の家事が全て積み残しになっていると、かなり気分がブルーの堤です。師走だから、忘年会やら、つきあいのゴルフやらマージャンやらがあるってことはわかっていても、みんなのものは、みんなで分担したいと思うのは人情。学校から帰ってきた兄ちゃんに、「少しは洗濯物とか手伝ってよ」とお願いしたら、「なんで、僕らにはやってというのに、家の中で一人だけお願いしない人がいるじゃないか」と、するどい指摘が飛びました。だって、言うと、むっとして、ケンカになるぐらいなら、我慢できなくなったら家出るって決めてるからさ、と説明したものの、みにおまで「パパは、ほんとに何にもやらないから、だめだよね。洗濯もたたまないし、お皿も出しっぱなしだしねー」と、なんだかいっぱしに会話に入ってきておりました。絶対、食器を洗ってる回数なんて、しょくせんきの方が多いよなあ、と、妙に関心したりして…。洗濯だって、結局洗濯機がやってるのを、人力で干して、山になってるし。掃除だって、ほとんどできないし…。あー、イライライイライラ。
  夕食を作るのは、決して嫌いじゃないのだけど、その前に前日からたまったお皿を片付けないと、お米すらとげない家の流し台。なんだか、毎日毎日、汚れ物と乾いた洗濯物の強迫観念にかられて、なんだか気持ちが滅入ってしまいそうですー!!。
  ぜったい、勝手に洗濯物をたたんでくれる洗濯機があったら、買うのになあ。食器だって、洗車マシーンみたいに、勝手に流しにおいてたら、上からシャワーかなんかで、じゃーっと油汚れもなんでも落として、食器棚にしまってくれないかなあ。使わない綺麗な食器も、いっそしまってしまおうって思いながら、(どうせ、こんな汚いところ、客なんかくるはずもないし)もう、どこからやっていったらいいのか、と、かなり気持ちはグロッキーです。事務所のエレクターを持ってきたので、それをこの部屋において、こうやって模様替えをして…と、やりたいことはあるのに、そこにいくまで、あれを片付け、これを捨て、と、まるで12ピースの中で、1ピースをはずしてひとつづつ動かして絵をあわせるパズルをやってるみたいで、これもまたイライライラ。
  愚痴っていても、誰も助けてくれないので、一人でもくもくやるしかないのね。こういう時に、結婚しなきゃ良かったと、つくづく思うわけで…。自分勝手に、好き勝手に生きていければどれだけ気楽だろうに、ああ、妻ってほんとに不自由な職業だわ、と思う今日この頃でございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/10259

コメント(2)

>勝手に洗濯物をたたんでくれる洗濯機があったら、買うのになあ。

わかります。私も、絶対欲しいですもん。
これぞ、本当の意味での「全自動洗濯機」ですよね^^

なんでもかんでも、溜まると嫌になりますが、
ひとつずつ片付けていくしかないんですよね…。

うちの娘たちも、ちびおくんやみにおくんみたいに、
もっとお手伝いしてくんないかなぁ…
(大きくなって、やっと役に立つようになったかと思ったら、動いてくれないんです…しくしく)

まあちゃん、コメントありがとうございます!ちょうど3歳のみにおは、「お手伝い」っていう響きが好きみたいです。でも、自分のやりたいものしか手伝ってくれないのが、たまに傷なんですけどね。(笑)

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー