こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 四季を感じてますか?

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

四季を感じてますか?

  新しく「お受験」カテゴリーを立ち上げた堤です。まだ下のみにおは4歳になったばかりなんですが、なんとなく、この時期しかできないことを(っていう言い方もなんなんだけど)ということで、少し前からいわゆるお受験塾とか、小学校受験の事情説明会などに参加しています。
  ちょっと前までは、かなりエキセントリックなニュースばかり目について、なんじゃいって感じだったんだけどね、その考え方をかえたのも、こういうところで教えて(気づかせて)くれることって、けっこうあったりまえの生活習慣だったりするわけで。で、多忙に働いてる母としては、そういうの、全然スルーしてたところもあったりして、「う、まずいじゃん」と自覚して、参加させたりしているわけです。
  で、最近むずかしいなあ~って思ってるのが、本日のタイトルの「四季」。日本は当然春夏秋冬があるわけだけど、知ってると思ってたら、なかなか4歳児、知りませんでした~。「今、寒いから、なーんだ」「秋?」みたいな感じで、四季のどまんなかを感じてもらってないんだよね。そーだよなー。いつも休日はねぼすけパパのかわりに、あたしがやれることって、近場の公園に車で連れて行って…みたいなオフタイムだと、景色はかわらないし、花の名前を教えてやれるでもないし。家族旅行も温泉まったりタイプだと、動物とのふれあいも、自然の景色をめでるでもないし。きわめて人造的なオフ…。
  というわけで、少しづつ、花のつぼみなんか見せたりしてるんだけどね。典型的な花よりだんごタイプです@みにお。これから2年、子供と一緒に、日本の伝統的な生活や感覚を、学びなおそうと思っている母でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/10203

コメント(4)

お久しぶりです。ひまわりです。小学校受験体験の母です。給食が食べれなく、お弁当のみの所を、受験しました。学力を求めてでは、ないです。そういう所は、給食
でした。大学付属のみ3校受かりました。ひとつは、寄付金が、何100万単位だったので、あきらめましたが、給食だったので。塾にいっても、受からない子もたくさんいました。ペーパーテストは、10枚から20枚程度やります。行動観察といって、先生が、見ていると娘は、話していました。おりがみ。工作。近年仲良く遊べないお子様が増えているので、だれとでも、仲良くできるか?がキーワードだった。私のは5年前の、話で、
まだ、受験激化する前ですが、4月に6年になる、娘
を、みていると、本当にうらやましいです。
毎日楽しくて、第一先生が、よすぎます。私も武蔵境の
私立小に、いったのですが、合わない辛い感じでした。
私立でも、いろいろあり、違います。塾でも、受からない子は、多いです。でも、チャレンジしてください!
入ってからは、学校に行きこき使われます!覚悟あれ。
仕事が、ありは、通じません。なぜならクラスの人がほとんど、働いているし、収入高くないと通えない為に、医療、歯科医が多いからです。
看護婦沢山いますよ。ツブを揃えるせいか、同じ様文房具好むのが5年立つ今もおかしい、ひまわり母です。

ひまわりさん、情報ありがとうございます!そうなんですよねー。最近の子って、すきに遊んでご覧っていうと、けっこう戸惑う子が多いんだそうですね。誰とでも仲良くできるってのは、キーワードかも♪
 兄ちゃんの時も、役員は、がしっとやった方(でも、途中で棄権状態だったかも…)なので、できる限り、できるものを、ご奉公したいと思ってます!また、いろいろ教えてくださいね。

「おはようございます」とか「いただきます」といった挨拶、食事のマナー、周囲との関わり方など色々ありますが、きっと日々の生活を大切にすることなのかな、と思います。私立でも公立でも、小学校入学までに、本人が一番楽しい時間を楽しく有意義に過ごせる場所が見つかるといいですね^^頑張ってください。

chiekoさん、コメントありがとうございます!ほんとに、子供たちに、生きる基本の躾や考え方を教えるのは家庭教育なんだろうけど、「家庭教育」っていう言葉が死語になりそうなぐらい、世のパパ・ママたちは、何を子供に伝えていけばいいのか、かなりぐらぐら迷ってるように思います。かくいう私も、けっこう常識抜けてて、会社でいろいろ話をしてても、「はずかし~」と思うことがしばしば…。なわけで、そんな母の足りないところを、客観的な目でいろんな人からアドバイスいただこーなんて思いで、ちょっくら頑張ってみたりしております!

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー