こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 金婚式

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

金婚式

先週の金曜日、4月10日は、天皇皇后両陛下の結婚50周年、
つまり、金婚式でしたね。
うちの父と母も、去年かな?金婚式だったようで(うっかりして、何もお祝いしなかったのです)
きっと、戦争の時代に少年・少女の頃を過ごした人たちにとっては
ひとかたならぬ思いがあるのでしょうね。

再婚した私にとって、金婚式なんつうのは、夢のまた夢でしょうし
でもさ、おふたりのインタビューをサイトで拝見していて、
なぜだかわからないけど、涙が出てきてしまいました。
なんちゅうか、カンドウした、というかなんというか…。
「共に白髪の生えるまで」とはよく言ったものだなあ、と。
あたしは、そういう堪え性がなかったからかな、とかね。

自己反省…。

母たちの次のなんちゃら式は(結婚60年で、なんかあったよね)
絶対に祝ってあげたいと、ふたりの長寿を願う娘でありました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/9931

コメント(3)

うちの両親はいないのでもう祝ってあげられない、なんちゃら式ですが調べるとイギリスでは50年目が金婚式、55年目はエメラルド婚式、続いて60年目はダイヤモンド婚式となっていました。アメリカでは75年目もダイヤモンド婚式となっていました。長寿大国ならではの記念日ですね。

調べていて気が付いたのですが、50年前の両陛下の結婚を記念して全国から寄せられたお祝い金をもとに開園した「こどもの国」は10日から3日間、中学生以下の入園料を無料にするとか、天皇、皇后両陛下のご結婚50年の記念切手を販売するとか、都内郵便局の特設会場では一般利用できない宮内庁内郵便局の消印を用意していたとか、ちょっとしたフィーバーになっていましたが、ちっとも知りませんでした。

バスに乗り遅れているな~(笑)<じぶん

主な結婚記念日です。

年:呼び名(地域によって異なる場合もあります)
1:紙婚式
5:木婚式
10:錫婚式
15:水晶婚式
20:磁器婚式
25:銀婚式
30:真珠婚式
35:サンゴ婚式
40:ルビー婚式
45:サファイア婚式
50:金婚式
55:エメラルド婚式
60:ダイヤモンド婚式

社長も、まずは、10年の錫(すず)婚式を目指して!

まるるさん、四万十川さん、教えてくれてどうもありがとう!!

そうなんだー。10年は錫婚式なのねー。スイートテンダイヤモンド、とか言ってるわりには、錫でいいんだ~。

今度は4年後にエメラルド婚があるんですね。
よし、今度は逃さずに…メモメモ。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー