こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 女性の専業主婦希望者が増加中

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

女性の専業主婦希望者が増加中

というニュースが、今月頭に出てました。
特に、50代以下では、若い人たちほど、専業主婦への憧れがあるそうです。

ま、これは、逆説的にいけば、仕事を辞めたくてもやめられないよ、ってのとか、
もしあたしが働かないでも食っていけるなら、いーよなー、みたいなのとか、
隣の芝生は青く見える的なのもあると思うんですけど...。

専業主婦には、あたしはそんなに魅力は感じなかったもので...、昔から...。
ま、それは、恐ろしく家事がへたっちゅうのもあるんですけど~。
もちろん、仕事ができる女、でも、なかったけどさ。

ちょうど数年前の女子大生の調査で、同じような数字が出てたので、
ま、それがそのまま卒業して、結婚してっていう年齢になった人たちが、
今回の調査で「専業主婦になりたい!」って答えただけなんでしょうけど。
多分、いい意味でも悪い意味でも、親を尊敬して、親のようになりたいと思って、
大事に自分たちを育ててくれた母の背中を、ただ追っているんだろうなあ。

マムに登録しているみなさんは、専業主婦って、やっぱり憧れですか?
夫の給料だけで食べていけるなら、仕事やキャリアなんて、うっちゃりたいですか?
しんどい思いして、家事・育児・キャリアの両立はめっぽうごめんっちゅう感じ?

同じニュースに、兼業主婦の夫の6人に1人が、平日など全然家事を手伝わず、と出てました@夫も右に同じ

そーだよなー。一日平均4時間以上、仕事して、家事して、やってたら、
ほんとに疲れちゃうよね。
あ、早く帰ってくる夫は、まだ手伝ってるそうですよ。
1位ゴミ捨て、2位日常の買い物 3位食後の片付けだそうです。

30代の時より早く帰ってくるのに、一切やってないな@平日
唯一休日に空き缶の整理だけやってるかも...@夫

こういう生活させるから、離婚したがるキャリア妻が増えるんだよね~。
なんだか、夫いない方が楽じゃん、だもの。
そして、諸所計算などしてみる週末でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/11067

コメント(7)

こんにちは!私もそのニュース、興味津々に見てました^^
「専業主婦への憧れ」・・私は若くないけどもってマス^^;
一回目の結婚と二回目の結婚、通算で主婦業は10年くらいなんですが、その間専業主婦であった年数は3年足らず・・・やっぱり憧れますね。私は仕事は好きですけど、両立がどうもできないみたいで^^;「仕事なら仕事!育児なら育児!」っとどちら一つに集中してやりたかった。出来る事なら子供が小さいうちは専業主婦でありたかったなぁ~と今更ながら思ってます。
が、しかし、長女が幼稚園から小4までシングルマザーだったのですが、そりゃあ、もう「仕事一筋」で頑張ってたんです。が・・・不思議ですね。「育児なら育児」と言う割に殆ど母親らしい事は何一つしてあげれなかった長女が一番しっかり育ってくれたかな・・・っと。要するに「専業主婦になりた~い」なんてぼやきつつも仕事頑張る母親の後姿はきっちり子供の心には焼き付いていくんでしょうね♪・・となると、やっぱ、問題は子供より夫ですかね!?ワラッ^^

私は結婚退職後6年間専業主婦です。が、家事育児に自信がありません。でも働いても夫が家事育児を手伝ってくれるとは思えないので、仕事を探す気にもなれません。負担が増えるだけですもの~子どもの手が離れたら、と思い自宅でできるプチ稼ぎをしている現状です。

専業主婦を希望している方が増加しているというのは、テレビのニュース番組の特集で見ました。

ご主人の稼ぎだけで、余裕で暮して行けて、自分では趣味など好きなことをすることにも憧れますが、自分で稼いだお金で、やりたいことをする方が、文句も言われないし、気兼ねしなくていいかななんて、思います。

うちの主人も、平日は早朝に出勤して、深夜に帰ってくるので、家のことはまったく手伝ってくれません。
お休みの時は、週の食材まとめ買いに車を出すくらいです。
仕方がないかとあきらめてます・・・。

夫が何も手伝ってくれない、かぁ。

その姿を見て育つ子供(特に息子)の将来に連鎖するのでしょうか。。。

私もこのニュースを新聞で興味深く読みました。

共働きでなくては生活していけない若い人たちが多いとも聞きますので、夫の稼ぎだけで育児や自分の趣味に時間をかけられる生活というのは一種の贅沢であり、憧れとなるのかもしれませんね。
毎日家事や子供の送迎に動き回る自分の生活を考えると、いいものだとは決して思わないのですが・・・^^;

こんばんは。
結婚退職後7年間専業主婦をし、長女の小学校入学を機に
在宅ワークに憧れキャリア・マムに登録。
お仕事情報から応募を繰り返し、
トライアルを終えお仕事をいただけるようになって数年、
やっと自分の好きなことができる喜びを味わっています^^
今は外勤も始めて、家事との両立も忙しいですが
生活の中に充実感を感じています。

専業主婦の間は、社会との関わりがない生活にうんざりすることが多かったのですが・・・

主人が家事を手伝ってくれることはないですが、
手抜き家事に関して何も文句は言わないことがありがたいです^^
私の仕事に対する理解は十分してくれているので、
多少の無理は聞いてくれることに感謝です♪

専業主婦であることをつまらないとは思わないけど、
もっと、社会や他人と関わってみてもいいかなって
思ったことは事実です。
で、できればPTAとか地区役員とかの
「義務」でやるものだけじゃなくて、
自分の好きなことが、お金になったらもっと嬉しいし、
なんか、自分に自信がつくなって。

仕事の場が確保されている人たちだからこそ、
専業主婦で、子供や家族の中でゆるい時間を楽しみたいって
思うのかもしれないですね。
この答えは、専業主婦の人たちからあがったものなのかを、
聞いてみたい気がするなあ…。
クロス集計の結果はないから、ちょっと最初から
母集団にバイアスがかかっている気もしますよね。

だから、仕事をセーブして、ママ友と遊べた時間が
たくさんあった長男が0歳の時は、
あせりはあったけど、それなりに楽しかったなあ、て、
今は思い出せます。
でも、なんだか1人で「うじ」っとしてたり、
社会に腹が立つことが多かったのも事実だなあ。

その時の痛みや悔しさは、絶対忘れちゃいけないなって思ってます~。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー