こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 結婚って、むずかしいね...

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

結婚って、むずかしいね...

いえ、コンカツの話ではなく、継続の方の話です...。

あっという間に6月になって、世間さまはジューンブライドなんだけど、
なんだか私の場合は、自分の誕生日と重なることもあって
(いわゆる、リセット願望?かな)
再婚後は、だいたい6月あたりが「これから先どうするの?」っちゅう話になります。

おかげさまで、私の周りはまだ、離婚協議中って人は少ないんだけど、
エグゼワーママ再婚組は、けっこう別れてるケースも多いですね。
そりゃ、経済的な基盤があって、自分の子供がいて、
なんでガマンして夫とつきあわなきゃいけないの?って人が多いのもうなずけます。

以前も書いたことがあるけど、35歳って、
女性がぎりぎり人生の再出発を考える年齢のようで、
ここを無事に越すと、そのあと結局続くって人も多いみたいです。
ちょうど、そんな悩める30代と、接触する機会もあったりして、
やっぱり35リセット説を意識しちゃうんだよね。

だいたい、どうして結婚なんかしたがるんだろうと、
最近は、そんな根本的なところも、考えたりしてしまうぐらい、
結婚して、他人が一緒にいる意味がよーわからんです。
専業主婦になりたい!っていう人たちに、教えてもらいたいよなぁ...。

外国みたいにお手伝いさんがいて、一切家事はやらんですんで、
大きな家に住んで、自分の好きな時間に趣味だけやって、
たまに子供と遊んだり、本を読んだり、勉強を見てやったり、
そんなおとぎばなしのやさしい早死にするママみたいな生活、
絶対、できっこないよなぁと、
近所の店や事務所が、ぽつんぽつんと撤退する様子をみながら
考える働くママしゃちょーでございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/11071

コメント(2)

先日、私も離婚を真剣に考えた口です。
結婚して10年、旦那のみならず「家」同士のこともあり、色々と面倒だとつくづく思いました。我が家の場合は旦那そのものには問題は特になかったのですが、あちらの「家」との関係が精神的ダメージとなっているのにも関わらず旦那の守るべきものが定かでないことに嫌気がさし、これまで見ないようにしてきたアラが目立ち始めて・・・離婚を考えた次第で。
離婚ひとつにしても、提出書類、離婚後の名義変更などなど手間のかかることばかり(しかも女性側!) そんな労力使うくらいだったら・・・と離婚は断念。
ホント専業主婦になりたいっていう女性の声を聴きたいです。愛す人の為だったら、自分犠牲を惜しまないのでしょうか?いや、犠牲だなんて思わないんでしょうね。。。私なんか、ひとつ家事をする度に「私の時間が奪われる」とイライラしてしまう性質だから向いてないです(笑)

ネフェルさん、いろいろ「手間」を考えて、離婚を思いとどまるってのは、とっても良くわかります~。私も以前の時に、改印から始まり、仕事関係の書類など、提出しなおすものが多くて、辟易したことがあります…。しかも、再婚の時ももう一回やったので…。自分としては、苗字が3つあっても、別にそんな不自然ではないんですけどね~。(旧姓、前の夫の姓、今の戸籍の名前)

専業、兼業に関わらず、結婚した女性にも、『自分の時間の確保』は、イライラを回避する一番の施策でしょうね^^。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー