こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 今日は父の日

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

今日は父の日

母の日に比べると、ちょっと見劣りする感じの父の日ですが、
今年は、イクメン(育メン)なんて言葉が流行るほど、
昨今できる男は、パパもちゃ~んとこなすそうですね。
いまどきの20代から30代前半は、物理的にもママと子育ての負担を分担してるらしいけど、
まぁ、ママがそれで幸せなら、よしとするか。

昭和30年代最後の世代のうちの場合なんて、
ほんとに、パパらしいことは、ほとんどしてないので、
負担がみんなあたしにかかるから、父の日もあたしに御礼して欲しいと思うぐらいです。
ま、スーパーとかだと、ビールとかおつまみなんかを前に出して、
商魂たくましいというか、なんというか。パパにお疲れしてあげましょって感じですね。

昨日のオランダ戦は、残念な結果に終わりましたが、
こういうパパ燃える系のスポーツ観戦に、父子で行ってもらって、
ママはのんびりエステでも~なんちゅうプランが、一番いいよね。
そういえば、ニュースで、日本の父親が、平日はほとんど子どもに関わらず、
逆に休日はほぼ丸一日子どもを見てるそうです。
自分ちの場合、平日は日中会社、朝夕家事、そして、休日も家事子育て、
そして、ややこぼれ仕事をしていると、やっぱ疲弊するわな~。
そうやって考えると、今日の父の日も、ワーママのための日にしても
ばちはあたらないか、と、思ったりして...。

今日はこれから、クミコさんの東京のコンサートにお邪魔してきます。
ほんとは、ルーシーダットンのクラスにも興味があったんだけど、
それは、また今度ということで...。
早く休日が自分の為に使えるようになることを祈って、
「祈り」byクミコさん、のコンサートに、いってきます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/11078

コメント(5)

こんばんは。
うちの主人はいわゆる育メンで子育てにはすごく協力的です。
そんな主人も二児の父なので、父の日は毎年主人リクエストの焼肉に行ってます♪
我が家では母の日もまだ押さない子供たちの代わりに主人がご馳走してくれたりしてます。
今、1歳と4歳の子供たちがいつか自主的に何かしてくれる日が来るのがすごく待ち遠しいこの頃です♪♪

かおりんごさん、うらやましいです~。
そういえば、昨日の夜のファミレスは、やっぱ混んでました(笑)

あと10年遅く生まれてれば、もうちょっと
協力的な夫にあたったのかな?ま、それはさておき、

いつか、ちびちゃんたちがお祝いしてくれるのが、
今から楽しみですね!

>ほんとに、パパらしいことは、ほとんどしてないので、

アメリカでは、父親が息子としなければならなことは、

1.キャッチボールの相手
2.キャンプファイヤーでの火の熾し方を教える

だそうです。

我が家の場合、娘が思春期真っただ中なので、
夫はどう接していいのかわからないようで、
今は、男一人肩身の狭い思いをしてます。
手がかかっていたころは、育メンの走りのように
子育てを楽しんでいたんですけどね。

もうあと数年経つまで、子供たちからの母の日・父の日はスルーされちゃうのかな…
(といいつつ、自分の親に気持ちしか伝えてない…汗)

幼稚園の頃にもらったものがいまだに宝物として、心の中で大きなウェイトを占めてたりします^^

四万十川さん、まあちゃん、レスありがとです!

キャッチボールはやっぱりして欲しいですよね。
あたしも、できなくはないけど、確かにパパ仕事って感じですね。

まあちゃんのダーリンは育メンだったんですね。素敵です!
確かに、2人の描いた保育園の時の絵とか、いまだに飾ってます(笑)

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー