こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > サンタさんへのプレゼント、どうしようかな?

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

サンタさんへのプレゼント、どうしようかな?

ついにクリスマスイブですね。小学生になったとはいえ、まだ1年生の次男は、
「ほんとは、サンタってパパ?」と疑ってみたりはしますが、
全否定の親の前に「サンタさんには妖精がいて、みんなのリクエストの手紙を運ぶんだよ」
なんて、物知り顔で話をしてくれています。

と、小学校に行って知恵がついてきたのもあって、
今年初めて「サンタさん、せっかくプレゼントを持ってきてくれるので
僕もお返しに、サンタさんにプレゼントをあげよう」と言い出しました。
いくつか買ってあげた絵本に、そんなシーンがあったんですよね。

で、今迷ってるのが、そのプレゼントをどうしようかな、と...。
今のところ、他のクリスマス会でいただいたおかしをあげるつもりらしいのですが
(彼は、まだお小遣いというものはもらっていないので...)
なんとなく、それを食べてしまっていいのか、その包み紙をどうやって処分しようか、等等。
みなさんだったら、どうします?サンタの代役しちゃっていいかしらん...。

兄ちゃんの時には、「お返し」という発想がなかったので、すんなりだったんだけど、
子供の気持ちを考えると、お礼の手紙もなしでいいのか、とかね...。
会社の引き出しにいれといて、万一事務所に来た時に目にしたらショックだろうな、とか。
やっぱり、とりあえず引き上げて、会社で処分して...でしょうかね。

子供の夢を大事にするのも、なかなか手間がかかりますね(笑)
ひとえに、今夜は早く寝てくれることを祈るばかりです^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/11213

コメント(5)

サンタさんへ、お返しのプレゼントなんて優しいですね~
でも、お返しもらった後の処理がほんと大変ですね。

今日は早く寝てくれるといいですね~

かわいいですねー^^
我が家の娘@高2が、幼稚園の頃サンタさんへのお返しは、一緒にクッキーを焼いて枕元にお手紙と一緒に置いていましたね。

母サンタは、クッキーをひとかじりして
残りは、お皿の上においておきました。

子供の純粋な気持ち、大切にしていきたいですね^^

ちなみに・・・
今日、娘@高2はお友だちとTDLに行くんですよ~
混んでるだろうな・・(ぼそ

サンタさんにお返しって良いですね^^

今日、NORADのサイトでサンタさんの追跡を子供たちとみたのですが、サンタさんって届けたお家でデザートを御馳走になるようです。
それを観た子供たちはデザート準備して、寝ました^^
そのため今から私はデザートを食べなければならないのです。ちょっと、脂肪が機になりますが、頑張ります^^

ゆうべ、ドキドキしながら配達しました@サンタ
サンタさんって本当にいるの?とか
煙突もないのにどうやって入るの?等
疑いをもっておりましたので(笑)、
サンタさんの秘密が書いてある本(漢字も多用しているので
絵本ではないのですが、見た目は絵本のような感じです)
も、一緒にプレゼントしました。
そういえば私も子どもの頃、サンタさんに手紙を
書いたんですが、朝起きたらそのままでした。
(今思い出すと、ちょっと寂しかったですねぇ…)
今年は何とか成功しましたが、来年もうまく
いくかしら??

優しい子どもさんですね。

海外の場所は忘れましたが、もみの木の下にお礼の赤い封筒にキャンディーやお手紙をおくのがサンタさんへのお礼だというのを友達に聞いたことがあります。

その封筒が朝には無いのが子どもの心を優しさでいっぱいになりのが狙いではないかって話したことがあります。

お話を聞かせてくれた友達は韓国の方で今は小学校の子どもに同じ事をさせているそうです。

もみの木はないので、枕の近くにおくそうですが、夢の世界のおはなしではないのを今思い出しました。

我が家ではまねの出来ないクリスマスですが・・

我が子どもに話した時「私の子どもにはやりたいなぁ~」って言うのを思い出しました。
あと?何年後になるかわかりませんが、覚えていてくれる子どもでいてほしいなぁ~

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー