こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 忙しいは、心を亡くす、と言うけれど...

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

忙しいは、心を亡くす、と言うけれど...

6月、一気に大型プロジェクトが立ち上がってきたこともあり、
連日、マムの事務局は慌しい時間が過ぎていきます。
3ヶ月ぐらいのプロジェクトの立ち上がり時って、そこそこ忙しいのですが、
今年は、それより足の長いものを、次々にオファーをいただいているという
ある意味、この時期に嬉しい悲鳴です。
一本一本は、いろんな種類の仕事がありますが、大小を問わず仕事は仕事。
手を抜かずに対応していこうと思うと、けっこう家庭が重荷になったりして...。

オフを申請していたところが、続けざまに仕事の対応でぶっとんで、
思う通りにやれないだけで、かなり自分自身にイライラしますよね~。
子供に一番言いたくない「早くしなさい」の連発で、
まさに「心を亡くす=忙しい」ここ2週間です。

今の夫が、絶対に家事のアウトソースを拒否するもので、全部負担は私に...。
この状況がかなり辛いですね、ハイ。
平日は家事は一切負担しないと言われて、休日もやっても洗濯物を畳むぐらいだしなあ。
3時間ぐらい朝早く起きても、たまったホコリを掃除したり食器を片付けたりしてると、
あっという間に出社時間になってしまうしなあ。
6時までには帰宅したい=子供の宿題と向き合いたい、という願いもあり、
朝のスタートを早くしてるんだけど、結局仕事の電話などなど、
夕飯も押せ押せになるよなあ...。つい、愚痴りたくもなりますよね。
ま、結局最低限の家事だけしかやれないので、家は最悪の状態に...。

出来てない、やってない事を忘れられる性格ならもうちょっと気が楽なんだけど、
そのあたりが、クソまじめなもんで、なかなかしんどいですね~。
カレンダーを見るのが、かなり憂鬱ですが、でも頑張って、
なんとか6月乗り切りたいと思います!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/11330

コメント(3)

本当に、本当に、本当に!!お疲れ様です。主婦は主婦業、仕事、家族へのケアととても忙しいですよね。

私も「できていない、やっていない事」を忘れられず、心の中の曇りを抱えて毎日を過ごしていましたが、「自分をほめる日記」つけ始め、とても楽になりました。

「今日は予定の半分の家事をこなした。よく頑張ったよね私!えらいぞ!!」「植木鉢の花が咲いたよ。こんな事に気づいた私!心が温かいね。」こんな些細な事を積み重ねてみたら、自分や家族の今が大事に思えるようになりました。

偉そうにごめんなさい。でも私の一番の支えは、頑張っているかなえ社長のコメントや掲示板の皆さんのコメントを読む事ができるサイトがある事が、私の元気のもとです。ありがとうございます。

我が家も部屋の中は最悪状態が続いております、、
面倒なことには首をつっこみたくないタイプのオットは見て見ぬふり。
でも文句も言わないので片づかないまま放置していました。

しかし最近はさすがに気になるようで、少しずつ手伝ってくれるようになりました。
ここまで長かった・・・

相手のことも大切にしつつ、自分も大切にして、
バランス良く生きていければいいな~と思う今日この頃です^^

うららさん、べるふらわーさん、コメントありがとうございます!

>うららさん
がんばった日記かぁ!いいですね~。
あたしも、そういうのつけると、元気になるかな。
ナイスアイデア、是非お借りしますね。

>べるふらわーさん
お手伝いを少しづつでもしてくれるようになって、良かったですね@夫。
とかく、バランスはむずかしいですね。お互いがんばりましょうね!

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー