こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 介護の勉強しています!

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

介護の勉強しています!

あっという間に、6月も半ばになってしまいましたね。
なんだかお天気も蒸し暑かったり、雨がひどかったりと、
気持ちよく洗濯物が干せる日が少ないかも、ですね。
まあ、梅雨なんだからしょうがないかも、だけど、ぐずつく週末はなんとも...です。

で、実は3月の終わりから、ホームヘルバーの勉強をしている堤です。
ずっと、自分が45歳になったら介護分野を、会社のビジネスの中でと考えていて、
何ができるかなあ、と、思ってたこともあって、とりあえず自分で体験してみようと
7回のスクーリングと、レポート、実習にチャレンジです。

在宅介護とマムって、絶対いいコラボができるよなあ、って思うんだけど、
何をどうやって、コラボしていけばいいのか、そのあたりが今ひとつまとまらなくて、
また、大事な社員やスタッフが、介護事情で会社を離れるのがとても惜しくて、
そんなあたりも、改善できればなあ、と、現在の介護事情を知るためにも
ちょっと週末頑張ってみております。

マムでも、きっと役にたてることがあるんじゃないか。
これから増えてくる在宅介護でも、主婦が自分のキャリアをつぶさないように、
みんなどんな情報がいるんだろう、どんなサービスがあれば、
もっと幸せになれるんだろうって、そんなことを色々考えられるとてもいい機会でした。

「福祉は、全ての人が幸せになるためにある」のだそうです。
与えるのでもなく、与えられるのでもない、人が人として対等に関わるために、
まだまだ私たち自身が、知らない知識や技術がたくさんありますよね。
誰かが、誰かの犠牲になるわけでなく、それぞれの人が、自分の意志で、
自分の時間や行動を、誰かの為に活用していくことで、得られる笑顔が、
福祉の原点なんだろうなあ、と、大きな気づきをいただきました。

マムのビジネスとして形になるまで、もうちょっとだけ時間をいただきますが、
医療や介護、福祉や教育という、人が人として元気に生きていけるお手伝いを、
主婦&ママのコミュニケーションネットワークのプロのキャリア・マムが、
率先して、自分の住んでる地域に、活動していければいいなあ、と、思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/11332

コメント(4)

介護で働いています。頑張って下さい。
この分野本当に賃金が安いです。安い割には、奥が深いです。主婦が、時間があるからちょっとこずかい稼ぎにというのであれば、止めていただきたいというのが私の気持ちです。こずかい稼ぎは他のサービス業でどうぞ。

本当に困っている老人たちに介護のサービスが行き届いていません。なぜなら、安賃金で、サービスがほしい時間帯(夜や、早朝)に働いてくれる人って本当に少ないです。

介護事業所が人材の募集をかけても、全然来ない、または来ても60歳以上の女性だったりとか。老人は年齢の高いヘルパーに気兼ねする傾向があり、「こんな年齢の方にしていて頂いては申し訳ない」とか思うそうです。

もしできるなら、マムさん、24時間介護を提供できる会社を作って下さい。夜の介護で疲弊している介護者家族は沢山います。

りんごさん、貴重なご意見ありがとうございます!

マムは、在宅の通常の仕事も、「主婦を安く使う」っていう考えはあんまりないんですよ^^。ちゃんとお約束を守ってくれて、契約や教育などをしっかりと向き合ってくれる人じゃないと、お仕事をお願いできないんですよ~。

逆に、在宅介護をしている人に、介護以外に社会とつながる機会を、作りたいですよね。それから、老老介護とかで、ITに困ってらっしゃる方を、お手伝いできるといいかなって。
確かに、夜の対応は、家族も大変ですから、24時間対応できるような形が考えられるといいですよね。

どんな形で花開くのか、楽しみに待っててくださいね!

ただ今87歳、89歳を64歳の私が老老介護中。
深夜の時間が私の時間ですが、眠い。目がシャキを飲みながら仕事をこなす毎日ですが、ブログ時間も外出時間も友人とのお茶時間も、この3年なし。
でも介護の悩みを共有できる何かを立ち上げれたらなんて思う事多いです。
どっぶり使って其処で社会参加や社会との繋がりできたらいいなと~夢ですね。
色々教えて下さいませ。楽しみに待っています。

ライラのママさん、コメントありがとうございます。
お体、大丈夫ですか?夜しか自由時間がないって、
けっこうつらいですよね。
これって、授乳中の新米ママと共通ですね。
っていっても、介護はエンドレスなので、正直
かなりしんどいですよね…。

そんな中、ほんねを見ていただいてコメントしてもらえたなんて、ほんとに嬉しいです。
ちょうど、明日最初の在宅介護実習だったんですね。

ご本人や介護をしているご家庭の方の気持ちが
全部受け止められる程熟練スキルがあるわけではないですが、
せめて、関わっている時間だけでも、何か安らいで
元気がでるお手伝いができれば、と、思ってます。

マムの企業コンセプトも、実はそんなシンプルなこと
だったりするんですけどね^^。
今度は、介護付お茶会とかも、いいかも、ですね~♪

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー