こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 人生、面白く生きたいよね

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

人生、面白く生きたいよね

視聴率の低さばかりが話題になる今年の大河ドラマ「平清盛』ですが、

歴史好きの家族に囲まれ、毎週見ております@自分。

 

で、その中で、主人公の平清盛が、ことあるごとに言うのですが、

「人生、面白く生きたいのう」っちゅう事です。

どうせ生かされているのなら、自分で自分の人生を、面白く生きてみよう、

ということなんだけど、私にとっては、とても共感できる言葉です。

 

ご承知の通り、マムでは、3月から就労支援訓練をやってますが、

今期は何回か、堤が『職業能力基礎講習』というコマを担当しています。

これは、社会人基礎力にも近いのですが、自分の思っていることを明確にして、

他者とも交流がもてるようなコミュニケーション能力をつけてもらう時間です。

3か月の訓練全体の、実に2割を占めているんですよ。

その中で、PCのスキルだけでなく、就職できる力と組織の中でやっていける

協調性や、自分の居場所づくりができるように、支援するわけなんだけど、

そこは堤流、「○○せねばならない」ではなく、

「自分のゴールに届く行動力」を判断基準にしています。

 

別に、高尚な気持ちで働いてくれなくてもいいし、私自身もそうだけど、

仕事きらいじゃないけど、仕事と同じか、それ以上に興味があること、楽しいことも

たくさんあると思うんだよね。でも、どうせやるなら、面白い方がいいし…。

そう思いませんか?働くこと=生きること、が持論だから、余計に、

どうせやるなら、仕事面白くしたいもの。面白い仕事にありつくんじゃなくて。

 

そんなわけで、基本に沿いながらも、その人らしさが発揮できる就職活動を、

と思って応援しているわけです。再来週のプチ起業もそんな話にしたいので、

「どうせ働くなら、面白く仕事したい」って思っている方、

いつでも堤まで、ご相談にお越し下さいませ!

http://www.c-mam.co.jp/work2/workevent/2012/017996.php

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/16500

コメント(3)

 在宅スタッフの方たちの座談会、興味深く読ませていただきました。キャリアマムの
記事を朝日新聞で読ませていただいて、会員にならせていただいたのですが、仕事の
種類と内容の豊富さはすごいですね

 私は皆さんよりちょっと(?)年配ですが、社会とつながっていたいという思いは一緒です。

 下の娘が6カ月の時にパッチワークキルトを始めて、36年間教えてきましたが、
今はボランテアでの作品作りをしています。

 6月末にははメンタル心理カウンセラーの資格を取得の予定ですが、何か世の中に
役立つ形での貢献を考えています。

 香苗社長さんにお願いです。千葉でも交流会を開いていただけませんか、よかったら
会場は私の方で探してみますので、よろしくお願いします。

あいさん、嬉しいメッセージありがとうございます!
千葉は、実は今の実家がある場所なので、嬉しいですね。
千葉市内かな?それとも、市川とか船橋とか津田沼とか?
もっと、南ですか?東かな?

詳しい場所など、またリクエストフォームから出していただいたら、
直接、オフ会担当からご連絡させていただきますね!

あいさん、さっそくご連絡ありがとうございます。
担当者が、午後いっぱい外出になってしまったので、
明日でも、すりあわせをしてみますね!

7月以降になってしまうかも、ですが、スケジュール段取りますね。

とりいそぎ、お礼まで^^

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー