こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 母親って、大変な仕事だなあ、と思ったりするわけで。

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

母親って、大変な仕事だなあ、と思ったりするわけで。

この週末は、大学の入学試験のひとつ「センター試験」の実施でした。

19年前に産んだ長男にとっては、二度目の試験だったのですが、

結果は、願ったものではなかったようで、こういう時、どんな風に言葉をかければいいのか、

なんだか、自分の事ではないだけに、余計に色々と考えてしまいます。

 

次男は次男でかなり奔放なヤツになっており、

それはそれで、色々と凹むことも多く、毎日心理的に疲れるなあ、って、

会社のことばっかりかまけているから、天罰かな?なんて思ったりして。

 

きっと、子供たちにとっては、バリバリ仕事なんかしてなくても、

毎日家で「お帰り」って笑顔で迎えて、夕食には手作りのおかずが何品も並ぶような、

そんなふつーの母ちゃんが、実は良かったって思ってるんじゃないか、と、

この週末は、「何にもしてやれてないなあ」と、ひどく落ち込んでおりました。

ま、母ちゃんとしては、落第だよなって。

 

いつも、思うんですよね。この母ちゃんで、こいつらは幸せだったのかなって。

余裕も実力もない中で、無理して仕事も家庭もと頑張ってみては、

途中で、積木崩しのように、いろいろダーッと周りに迷惑かけて、

それでも、やっぱり今の世の中を変えたくて、少しでも素敵な社会を、

子供たちの世代に渡したくて、ひとりドタバタやってるのが、

なんだかアホみたいやなあ、なんて…。

でも、やめられないんだよね、これが。これが、私の生きる道、だからさ。

 

うまくいくか、いかないか。そんな事にビビッていては仕方ないから。

失敗したら、「チキショ~」って泣いて悔しがって、布団かぶって寝ちまって、

そして、朝が来たら、また「がんばるぞ!」ってむかっていくしかない。

昔、社員だったケンちゃんが仕事中に脱走した時に、

夜中に帰ってきた彼に、「あたし、逃げないからね」って、宣言したように、

今日も明日また、「あたしは逃げない」って、頑張っていかなければ、なのです。

母親も社長も、大変な仕事だけれど、売上が足りなかろうが、希望通りいかなかろうが、

やっぱり「あたしは逃げないよ」って、少しづつでも前に進むしかないんだよね。

世の中のうまくいかないな~って皆さん、一緒に頑張りましょう!!

そして、うまくいくように、諦めずに頑張っていれば、きっと花咲く日もあると信じて。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/17594

コメント(10)

こんにちは。いつも拝見してますが、初コメントです。
こうやって、包み隠さず話してくださるかなえ社長さん、素敵です。
私と同じことを考えていらっしゃるなあって暖かい気持ちになれました。

いろいろありますけど、子供はがんばっているお母さんが好きで、
そんなお母さんを見て頑張ってくれると思います。

わたしもかなえ社長さん見習って、前に進みます!

晴れたらいいね。さん、初コメントありがとうございます!
頑張ってるお母さんでいられるように、ほんとに弱い人間だから、
だからこそ、頑張れるように、子供たちを授けてくれたんだろうなぁって
いつも、そんな風に考えています。

思うようにいかないから、人生は面白いって言い聞かせながらも、
凹むことも多々ありますが、でも、お互い頑張っていきましょうね!

かなえしゃちょー
あたしも逃げないっす!( ̄^ ̄)ゞ
こんな、あたしたちの星でいてくださいっ☆

けんちゃん、どうしてるんだろうね

おーぐちさん^^、ありがとう~♪
みなさまの星になれるかどうかはわかりませんが(笑)
「こんな人でも、諦めないでがんばってるんだから」って、
なんか、ちょっとでも元気や笑顔の元になってもらえるように、
逃げずに、がんばりまっす!!

さよりちゃん、コメントありがとう!
けんちゃんは、あれから一生懸命リハビリとかして、
多分、いろんな事がまた、一人でできるようになっているんだと思います。
(けんちゃんというのは、以前弊社で務めていた社員です)
今年は、直筆のお年賀状をいただきました^^。

ほんとはね。逃げてもいい、どうしても足がすくんだら立ち止まってもいい。
でも、落ちついて、また、頑張れるな~って思ったら、
また、そこからすこしづつ、前に歩いていけばいいんだろうって。

そんな風に思っています。

こんにちは、初めてコメントします。

>毎日家で「お帰り」って笑顔で迎えて、夕食には手作りのおかずが何品も並ぶような、
>そんなふつーの母ちゃんが、実は良かったって思ってるんじゃないか、と、

「ふつーの母ちゃんの手つくりのおかず」も材料費とつくる時間がかかります。
食べ物を買うには稼ぐことが必要で、おかずをつくるには料理の知識が必要で
つくる時間はやりくりして時間をつくることが必要です。
そのあたり、成人した大人でもイマイチ理解していない人が多いような気がします。

「ふつーの母ちゃんの手つくりのおかずのありがたさ」は一人暮らしを始めたり、
所帯を持ったりして、必要になってからやっと気づくものなのかもしれません。

あって当然のものというものは、失った時にショックが大きいです。
ともあれ、こういうことを包み隠さず日記にできる社長さんは、
素敵な方なのだなだと思いますね。

若葉姫様、初めてのコメントありがとうございます!
ふつうってのが、ほんとうは一番素敵で、実は大変なことなんじゃないかと、
こういう世の中になると、つくづく思い知らされます。
どんな物事も、当たり前に回ることなどなく、
みんなの努力の積み重ねで、昨日と変わらない今日の幸せが
手に入るんですよね。

周りのすべてに感謝です^^。またコメント入れてくださいね!
ありがとうございました。

世の中を変えたいなら、政治の女性を送り込む運動にも力を入れて下さい。
女性議員の少なさは、140数カ国中104番目ですよ。日本は。
政治を変えなきゃ、変わりませんけど世の中は。

りんごさん、コメントありがとうございます。
女性の人数目標を決めることは、いろんな場面で論じられていますよね。
是という意見と、そこは自由意思で、という意見とあるようですが、
りんごさんは、人数目標を設定していく派、ですね。

どちらであれ、頑張っている人が報われる社会であって欲しいですね。
返信が遅れて、ごめんなさい。またコメントお待ちしています。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー