こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 日本人の志

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

日本人の志

先日来から報道されているアルジェリアでの日輝の開発しているプラントでのテロは、

個人的なつながりはない私ですが、とても残念な事件だと感じています。

内向き社会、とか、若者が軟弱、だとか、色んなことを言われながらも、

衛星写真に写る仕事、とか、現地へのノウハウと開発の助けになるように、などの

たくさんの思いと志を持って渡航された方々だったろうと思うと、

本当に残念無念です。

 

世界的に見れば、落ちてる財布や鍵、携帯電話がちゃんと交番や駅やお店に届けられ、

子供が一人でおつかいに行けて、夜女性たちが女子会ができるなんて、

本当に、日本がどれだけ治安の良い国なのか、ってわかってるつもりだけど、

今回のような世界的なテロ組織に、これからは立ち向かっていかないとダメなのかって

そんな風に思うと、なんだか残念だし、海外に行くのが怖くなってしまうよね。

「もし、僕がこんな目にあったら、ママはどうする?」ってみにおに聞かれて、

「危ないから、行かないでくれ、とは、言えないけど、絶対ママが助けるからね」と、

そんなウソくさい事しか答えられない自分がいやで…。

夫に聞いたら「そんなの、会社の命令だったら行くよ。それが嫌なら、最初からそんな企業には就職しない」だって。答えが正しいだけに、複雑な気分です…。

 

でも、どんな危険な地域であっても、志を持って皆さん働かれていたことは、

間違いないわけです。でも、家族のインタビューとか見ると、やっぱり悲しい。

自分の大義・志と家族への情。

世界中が、早く平和になってくれ、ぐらいしか今の私にはできることがないのですが。

 

かと思えば、退職金が減るから、任期半ばで駆け込み辞職なんて…。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130122/k10014967521000.html

働く事への志や、自分の生き方の義、みたいなものはないんだろうか。

確かに、100万もあれば、いろいろ有意義に使えることも多いだろうけど。

なんだか、やっぱり、それも寂しい現実だよね。

明治魂、とまでは言わないけれど、いつの時代でも、しっかりと日の丸しょって生きていたいなって思います。あ、キャリア・マムは、子供の視線と期待も背をって頑張ってますよ~♪。

凛とした態度で生きる。今は、そうやって頑張る事が一番大事だと思っています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/17595

コメント(2)

これほど自国の政治に無関心な国も珍しいのではないかと思っています。
いつ破産してもおかしくない状態で、またまた与党が未来の子供たちに負債を残すような状態をつくりだしているのもかかわらずです。
保育園が増えないと女性は働けないし、箱モノ作るのは男性社会だし、私頑張ってますけど、と言ったところで行政を動かすくらいの行動力がなければ、世の中変わりません。中年過ぎたおばさんですが、若いころとほとんど変わっていない日本社会は近い将来ギリシャと同じ運命をたどるだろうと思っています。
先生たちも庶民です。志などという綺麗事で済まさずに、この時期にあのような不利な条件を突き出してきた行政に怒るべきでは。
不利な条件をクリアした市町村を出てきたではないですか。怒る観点がおかしいと思います。

りんごさん、コメントありがとうございます。
返信が遅くなり、失礼いたしました。

働く事に関して、何が正解とか、間違っている、ということは
ないんだと思っています。
ただ、自分がこうありたい、と、思う形と、
違う選択肢を選ばれる方を見る時に、
少しだけ、思う所があるんです、というあたりでご理解いただけると、と、思います。

短い目で見れば、今回の退職金の減額で損をした先生たちも、
もしかしたら、長い目でみれば、次の大きなチャンスにめぐりあえることを、
節に祈っています。
会社の状況が悪化した時には、賞与がふっとぶ民間企業からすれば、
損して得とれの精神で、周りからこわれる人材として、
どうやって仕事をしていくのか、みたいなものもあるんじゃないかなと思います。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー