こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 10年越しの墓参りに行けました

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

10年越しの墓参りに行けました

4月になって、10年越しだった実家の墓参りの為に休みをとりました~。

夫の方の家の墓参りには、近いということもあり何度か行ってましたが、

実家のふたつの家の墓は、ちょっと遠いこともあり、

なかなか息子たち連れでも行けなかったんですよね。

今年の春は、受験もひと段落ということもあって、ようやくお墓参りができました。

 

新しい季節のスタートにいつも思うのですが、

人間って、ご先祖様のつながりの中で活かされてきて、今があるんですよね。

別に何かの宗教に入っているわけではないけれど、

やはり、今の自分が活かされている意味を考える為にも、

たまには、毎日のごちゃごちゃを離れて、親孝行、先祖孝行も大事かな、と。

 

今日の雨風で、だいぶ桜も散ってしまいそうです。

墓地公園での穏やかな桜をながめながら、また新しい季節も頑張るぞ!と

パワー充電してきた堤でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/22708

コメント(2)

私も子供が高校卒業した時に初めて家族を連れて行きました。
もう2度と来ることもないと思ったのです。
父が両親の田舎の本家の墓に入っているので、遠路はるばる行ってきました。
本家の叔父さんは先祖代々の骨壷入っている墓の下も見せてくれてました。
田舎の寺になある墓は、どの家も毎日誰かが参りに来るので、墓地はいつも花でいっぱいです。都会の墓地とは大違いですね。
ちなみに私が死んだらは葬式なしで、海に散骨するように子供たちに伝えています。

やっぱり、何かの節目にはご先祖さまに感謝とお礼ですね。
私も、お墓とかなんとなく面倒な気がして、
海に散骨してくれればなんて、子供たちには話をしています。

生きているうちに、ちゃんと感謝の気持ちを伝えなければ、ですね。
でも、また機会があれば、行ってみようと思っています。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー