こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 東京ディズニーランドが、30周年になりましたね

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

東京ディズニーランドが、30周年になりましたね

夢の国の東京ディズニーランドの30周年記念のニュースが、

今週月曜日に流れましたね。

私は、神戸に住んでいたので、なんとなく青春時代の思い出、

という感じでもないんだけど、

関東圏、特に、千葉や東京の女の子は、デートに行ったり、友達同士しで行ったりと、

いろんな思い出があるんだろうな~。

 

ニュースで取り上げられていたのは、ディズニーランドのアルバイトスタッフの質の高さ。

書籍にもなってますが、やっぱり資源としての最強の武器は人、というわけです。

アルバイトスタッフ一人一人が、マニュアルを踏まえた上で、

それぞれが、どうやって来園者を喜ばせる事ができるか、を工夫する。

そして、素敵にがんばってできた人を、即ほめる教育マネージャー。

この手間暇が、アルバイトスタッフが半数以上というディズニーリゾートを

しっかりと支えていくのですね。

 

混雑がちょっぴり苦手な私は、最近はなかなか一緒にランドに行ってあげられないけど、

ディズニースタッフの教育や、雰囲気は、とても勉強になる部分が多いです。

ディズニーリゾートも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも、ピューロランドも、

全てお客様に笑顔になってもらうために、

何を提供できるのか、ですよね。

会社経営者としても、いつも考え続けていきたい話題でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/22736

コメント(4)

今年こそ家族初ディズニーリゾートに行くぞ!と思っています。
家族旅行も初です
子供が小学生6と4なので中学生なって部活動始まる前にぜひ行きたいです!

私は高校修学旅行5時間位滞在以来です。
何よりスタッフに感動させられ楽しかった思い出があります。
本は存じておりますが読んでないのでこれを機に読んでみます。
子供の為自分の為無理してでも行かなきゃですね!

お久しぶりです!
ディズニーは毎年夏に行っていますが、ゲストに楽しんでもらいたい、という気持ちがパーク全体から、またキャストさんたちからも伝わってくる場所だなーと感じます。
おもてなしの心はどんなところでも大切ですね^^
リーダーがスタッフを即フォローする、という部分も見習いたいです。

いるいるいるかさん、コメントありがとうございます!
中学になると、とたんに親より友達と…になっちゃいますよね。
ディズニーの魅力のスタッフの8割が、アルバイトさんたちなんて、
そこが、すごい秘訣なので、どうやってそんな素敵なスタッフを育てるか、
を、本には書いてありますよ~。

candyちゃん、お久しぶりです!
リーダーとスタッフの関係も、誉めて伸ばす、というやり方も
ほんとに見習うべきところが多いですよね。

忙しいとは思いますが、また、たまには顔見せてくださいね^^

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー