こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 想っている事を形にする為に、伝え続ける大切さ

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

想っている事を形にする為に、伝え続ける大切さ

今日のNHKニュースで、直木賞、芥川賞などの話題と共に、

それを支える書店の方のPOPが取り上げられていました。

5年以上前、マムが関わった「届かなかったラヴレター」シリーズも、

本屋さんのPOPで、じわじわと人気が出たんですよね。

そのニュースの中で、スタッフの方が『手』を大事にしています、って言ってましたね。

 

「手仕事、手紙、手作業」-手には、想いを込めて行うという大事な役割があります、

効率よく、という言葉には、思いを込めて、という大切なものを

そぎ落としてしまう危険がありますね、みたいな感じのコメントでした。

 

こちらの想いを誰かに伝える、それが知らない誰かであればある程、

伝え続ける為に、時間がかかっても手で続けていかないといけないんですよね。

時間が厳しくなると、毎日の更新が滞りがちなこのほんねも、

社内より、色々と意見をもらって、また少しづつ更新頻度を伸ばそうと頑張ってます!

そうやって、見知らぬ誰かの可能性が、「仕事」という形で

社会や世の中とつながっていく事を、続けていきたいから、

まあ、『キャリア・マム』という会社で、なかなかつなぎ方のわからない

ママや主婦など、家庭に入ってしまった女性を応援しようって思ったんですけど。

 

一冊一冊、それぞれの本を丁寧に読んでPOPをつけていく、

書店のスタッフの方の手仕事をみていたら、

そんな自分の想いを思い出しました。

さて、7月最後の一週間。夏休み中のちびの相手をしながらも、

頑張って、働いていきたいと思います!がんばるぞぉ~、つなげるぞぉ~!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/22863

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー