こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 介護をしている社員には、在宅勤務が救世主です

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

介護をしている社員には、在宅勤務が救世主です

今日も暑いですね。こういう日には、勤め先に行くまででもウンザリしそうですね。

暑い日、寒い日、だけでなく、親や家族の介護をしている社員には、

在宅勤務制度がある事で、退職しなくてすむ、という話題が出てました。

 

キャリア・マムは、17年前から、子育てや障がいなど様々な理由で、

外勤が難しかった女性(ママ)でも、PCを使って仕事ができるようにって、

始めた会社なので、けっこうこのあたりの社員の希望って当たり前なんだけど、

まだまだ世の中で、自宅で働くってのは、理解不足なんですよね。

 

でも、やってみるとよくわかるんだけど、仕事に集中できるし、

世話しないといけない家族のそばにいれるので、

在宅勤務は、人にやさしい働き方なんですよ。

ただし、共同作業の仕事や、人との交渉が多い場合には、

出かけて、話して、会って…の方が早いから、

そういうのは使い分けできるのがいいんだろうなあ、って思ってます。

 

これからどんどん高齢者が増えてくるわけで、

(すでに高齢化でなく、超高齢社会ですものね)

そんな人たちがみんな施設や病院に入れるわけでもなく、

まだ少しでも元気なうちは、自宅で共存していかなきゃいけないのならば、

介護している家族の働き方を、柔軟にしてあげることが、経営者の務めですよね。

マムは、ずーっとそんな働き方を定着させているんだよってのを、

もっともっとアピールしなきゃ、ね^^。

 

在宅就労に興味のある方は、マムのメルマガなどでもお知らせしている

各種セミナーなどに参加してみると、わかりやすいかも!

また、直接メッセージやFBなどで聞いてくれてもいいですよ~。

社会の中で活躍しながら、家族のそばにいたいみんなを応援していきます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/22885

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー