こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 子どもは社会の宝なのに…

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

子どもは社会の宝なのに…
自称ベビーシッター会社を経営している男性の事件は、とても残念なものでした。

私自身も、それぞれ子どもたちが小さい時には、ベビーシッターや、
ファミリーサポートという制度などで、自宅で子供たちを預かってもらったりしてきましたが、
今は、ネットで預ける、預けられるのマッチングができる時代になったのですね。

何かあった時のリスクや、相手の素性などがよくわからない怖さがあるかとは思うけど、
ビジネスランチや、地元の同じ年齢や趣味の仲間が集まることはあるから、
ネットがすべていけないとも、偶然の出会いはすべて危ない、とも言いきれない。

FBで書かれていた意見の中でも「そうでもしないと、預け先がない現状」こそ、
一番、改善すべきところなんだと、私も思います。

子どもが小さいときは、無理しないで母親は子供のそばにいた方がいい、と言われても、
実際に、出張や夜間、早朝の勤務を全部断り続けることができないのも現実。
ましてや、さまざまな理由で、母親や父親だけで子供の世話をしなきゃいけなければ、尚更。
それならば、もっと安全で、笑顔に、地域全体で子供たちの見守りが
できればいいのに、と、思います。

この6月から、キャリア・マムは、もう少し駅近で、広めの広場やカフェつきのところに
オフィスを構えることになりました。
そんな社会の課題にも向き合えるような、ママやみんなが笑顔になれる場所づくりを、目指してみようかな。
ご意見、ご要望などあれば、また、コメントなどでもお寄せくださいませ。

お待ちしています!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/23445

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー