こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 誰かの笑顔を作ることは、楽しいけれど、大変なお仕事なんだ

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

誰かの笑顔を作ることは、楽しいけれど、大変なお仕事なんだ
みにおの学校は、新入生を5年生がお世話をする事になっています。
入学式のサポートから、その後下校のお手伝い、
新入生の保護者と話をしたりすることや、歓迎のカードを作ったり、
ゆっくりとしか歩けない新1年生の歩幅に合わせて歩いたりと、
わずか1週間ほどの期間ですが、
みんな一様に「疲れた~」と家でバテてるそうです。(笑)

慣れない大人との「きちんとした」会話に、
体力差のある、ついこの間まで幼稚園や保育園に行っていた小さな子のお世話。
自分たちの配慮が足りなければ、ケガをしたり、
場合によっては大きな事故にもつながる。
そう思うと、帰り道を託された子供たちの緊張ぶりは、ハンパではなかったでしょう。

いつも同じように、自分の出来る範囲を丁寧にやりきる、というのも、悪くはないけれど、
たまには思い切って、自分には無理かな?と思う事に手を挙げてみると、
また、新たな自分の可能性と出会うことができますよね。

4月の役員決めに敗れ(笑)、
めんどくさい役をやらされることになっちゃった、と、思うのではなく、
この機会を通じて、また成長できるかも、と、ワクワクした方が絶対に楽しいです!

「誰かを笑顔にするのは、楽しいけど、大変だ~」と、実感した10歳の少年ですが、
そんな小さな気配りや配慮を、
暖かい目で嬉しく見守っている大人たちもたくさんいるんだよね。
そして、そんな笑顔を作り出すトレーニングが、いつか社会人になった時に、
人としての基本のコミュニケーションや社会人基礎力という形で、
実際に役立つ日が来るんじゃないか、と、思うわけです。

6月からの新事務所では、子供も大人と同じように働く体験のできる、
キッザニアみたいなイベントも、企画してみたいと思っています!
もちろん、働きたいママたちの一歩を応援する機会も、たくさん作りますよ~!

主婦インターンシップも含め、
みんなで誰かの笑顔を作りだすために、がんばってみませんか?
子どもたちに負けないようにね! 私も、がんばるぞ~!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/23500

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー