こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > おかしいと感じる感覚

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

おかしいと感じる感覚
みなさん、こんにちは。

先週の噴火のニュースも収まらないうちに、今週も、大型台風でしたね。
生活にご不便を感じた方も多かったのではないでしょうか。

堤も、まさかの運動会の再延期で、
今年は残念ながら応援に行けなくなってしまいました。
まあ、仕事をしていると、どうしても代替えがきかないこともありますよね。

さて、今日は、テレビを見ていた息子とのお話。

今週からNHKで始まった「ボーダーライン」という、
消防士さん、救急担当者の方達のドラマの中で、
何度か、火事や交通事故の場面で、人命救助をしている様子を
ヘラヘラ笑いながら、携帯やスマホで撮影している大人たちの様子を見て、
「変だよ、みんな」と、みにおが一言。
「何が変なの?」と聞くと、
「なんかわからないけど、なんでみんなヘラヘラ笑って写真撮ってるの?変だよ」
と答えました。

倫理観とか、常識とか、そんな話をするつもりはないけれど、
こういう事を、変だ、おかしい、と感じられる感性を、
ずっと大人になっても失わないでね、と、話しました。
スクープ写真の必要性も否定したくはないけれど、
やはり、人の見えない痛みがわかる人であって欲しいなぁと思った母でした。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/23806

コメント(1)

こんにちは。

うちの子も同じ事を言ってました。
私としては、ドラマということで、流していたのですが・・・
子供の一言を聞いて、おかしいと感じたことがとても新鮮?間違っていると言えるんだと思い自分の子ながら、感心しました。
私も香苗社長の様にこのままの思い出大きくなってほしいと思いました。
人の痛みがわかる人ってこの頃少なくなったように私は感じます。
成長している我が子を見て嬉しい一コマでした。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー