こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 違っているからって、仲間はずれにしないでよ!

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

違っているからって、仲間はずれにしないでよ!
女性の創業支援、就職支援セミナーの中で良く聞かれるのが、
「こんな風に仕事してるって、ママ友に話せない」っていうご相談です。

今まで、専業主婦で一緒に時間を気にせずにのんびりしゃべっていたのに、
急にパートや仕事を始めて、時間で切り上げなきゃいけない。

そんなこんなで、なんとなく「働くママ」対「働いてないママ」みたいな
見えない壁ができてしまうのを、心配しているママも少ないようです。

どうして日本の女性って、人と違っている人を仲間外れにするのかな?
別に、違う人がいたって、そのままその人のままでいいやん、って思うんだけど、
なんか、自分と同じじゃないと許せない、とか、
自分と同じ価値観じゃないと、仲間になれないとか?
仲間意識が強すぎて、合わない人を仲間外れにしてしまう…。
それって、なんか、寂しいですよね。

数日前のセミナーでも、吃音の話題をした時に、
家族に吃音があって、所属している学校や会社などで上手くコミュニケーションが取れずに、
居場所が出来なくて、家に閉じこもってしまっているご相談などを頂きました。
ちょっと自分たちと違うからって、どうして仲良くできないんだろう。
それが、新しい事を始める勇気をそいじゃうんですよね。

いろんな人を応援したいから、だから、
せめて、始める人の足をひっぱるのは、やめてよねって。
いろんな人が、そのままありのままにいられるように、
他人は他人、私は私で、マイペースで自分の道を進めばいいんです!

そんな人たちを応援するために、今日もセミナーで
「大丈夫だよ~」って、背中を押してあげるぞって思っています。
今月も、いろんながんばる人を応援するセミナーやってますので、
お気軽に、キャリア・マムホールのセミナーをのぞきに来てくださいね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24185

コメント(1)

子供の頃は、皆状況が大体同じ中で生活しているので、性格の合う合わないはあっても、違い自体が余りないので、そういった仲間外れはなかったように思います。

大人になっていくにつれ、成績の差、学力(学歴)の差、家庭環境の違い・・・、そういうことから仲間外れが出てくるのでしょうか。イジメにつながることもあるかもしれませんね。

女性の生き方は、本当にいろいろですよね。子供のいる人いない人、1人親家庭もあるし、仕事をしている人、専業主婦・・・。
皆違うのが当然です。

佳苗社長が、いろんな人を応援したい、という考え方をしていると知って嬉しくなりました。

就活をしていると、求人の応募要項に大卒飲み、なんていう会社を見ると疑問に思います。

学歴は大事かもしれませんが、高卒の人が大卒に負けている(そういうつもりで応募要項にしているかどうかは不明ですが)わけではないですしね。

経済的な理由で、優秀でも大学に行けなかった人もいれば、浪人させてもらえて大学に行く人もいる。高卒の人はその間社会で学んでると思います。

世の中、いろいろな偏見、仲間はずれ、ありますね。そうでなくなるといいと思います。

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー