こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 子どもがいることを「○○ができない」の言い訳に使うのはやめませんか?

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

子どもがいることを「○○ができない」の言い訳に使うのはやめませんか?
この前まで「梅雨の雨が・・・」と思っていたら、いきなり夏になりましたね。

連日の暑さに加え、子どもも夏休みで家にいると、
もうそれだけで、ママは何もできない気持ちになってしまい…。

夏休みに開催するイベントだと、参加申込みをしていても
お子さんのことを理由に当日キャンセルをする人が結構いたりするんです。

セミナーでもイベントでも、気軽にやれそうなものって、
約束を大事にしようってしっかりと自分が思わないと、
なかなかやりきることができませんね~。
簡単なことを続けるって、ホンマに難しい。

「働く」を支援するセミナーをやっていると、
いつも、「子どもが小さいので働き続けられなかった」の話を聞くことになります。
子どもの年齢も人それぞれで、未就園児から幼稚園、小学生・・・、
高校生になってもまだ「女の子なので」「男の子だから」色々と不安っていう人もいます。

私はずっと、子どもと一緒に働く形を探してきました。
それが、在宅ワークだったり、子連れ出張だったり、
我が子に対してのインターンシップだったり、
全国各地の図書館や児童館を探して利用してみたり、と。
少しばかり時間やお金はかかるけど、
子どもと一緒に働く、を、考えて行動してみたりすることは、
いろんな気づきを、親であり大人である私たちに与えてくれます。

長期の休みだからこそ、子どもと一緒に「働く」を実践してみてください!
案外、私達が考えるより、子どもたちってしっかりしていて、
努力する母親の姿って、いい影響があると思うんだけどなぁ。

やり方を見つけたい方は、是非、埼玉の在宅ワーク入門セミナーに申し込んでくださいね。
堤や先輩ママたちが歩んできた「家族のそばで働く」が、
何かヒントをくれるんじゃないかなぁ、と思いますよ。
暑い毎日が続いていますが、是非この夏がいいスタートアップになりますように!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24249

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー