こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > イベント&コミュニティ > ほんねのはなし > 当たり前の事を大切にできる会社~お客様の視点になって気づく事

ほんねのはなし

ほんねのはなし

堤 香苗(Kanae Tsutsumi) (株)キャリア・マム代表取締役
フリーアナウンサーとしてTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。結婚しても、出産しても、自分らしく輝きたい全国のママたちを活用するビジネスモデルを創設して早15年になりました。『ママの笑顔と元気』をモットーに、ママのキャリアと社会参加を支援するソーシャルマーケティング企業として頑張っています。神戸出身(2児♂の母) → 堤香苗講演情報

当たり前の事を大切にできる会社~お客様の視点になって気づく事
先週は、お盆休みのところでお休みを頂いて、ノートPCを持って夏休みだった堤です。
テレワークがすすめば、仕事とプライベートをいい形で按分しながら過ごす事ができて
忙しい人にとっては、本当に助かるなあって思っています。

さて、定宿にしている関東近郊のお気に入りのホテルなんですが、
今回は、ちょっと残念な事が重なってしまいました。
お盆の時期は、熟練のスタッフもお休みされたりして、
新しいアルバイトさんが入られたり、人員が手薄で負荷が多くなるので、など
いろんな理由もあるんだろうけれど、
やっぱり、当たり前の事が当たり前に出来なければ、
お客様はどこか不満をもってしまうんだろうなぁ、と、
なんだか、自分の会社に置き換えて、色々と考えさせられました。

夏休みだからって、経営者をお休みするわけじゃなく、
母親や妻をやっていても、いつも経営者目線で他人の会社のサービスとか
商品メニューとか見ちゃうからでしょうかね。

息子にとっては、「せっかくの休暇なのに~」って、
ちょっとご不満みたいですが、
ちょうど自社の課題って思っていた事もあって
余計に、「どうすればよかったのか。この対応で良かったのか」なんて
考えちゃうんですよね。

まあ、そんな風に考えてる時って、ちょっと真顔なので、
息子は「不機嫌なのか」って、何度か尋ねてきて、
ちょっと悪いことしちゃったなぁって、反省してるんですが…(集中してると、しごく真顔の堤です)

 行動の判断基準は、「お客様が喜ばれるか、どうか」です、よね。
そして、随時変化していく中で、何がどうなったのかを、
ちゃんと縦横の組織にコミュニケーション良く伝えていけば、
別にどうってことない、「当たり前の事」なんですよね。
ところが、忙しくなると、この一番大事なコミュニケーションが、疎かになって
しまうんですね。
結果、お客様に不信感が生まれたり、ちょっとイラっとしたり、と。
うーん、簡単な事なのに、残念すぎるじゃないかって。@自分で反省モード

今週から、またお仕事モードに復帰ですが、
お客様の立場の中で感じた事を忘れずに、
 基本に立ち返って、まずは、「当たり前の事を当たり前にやれる」組織作りを
社員スタッフみんなで、目指していきたいと思います。
さて、年度の後半もがんばるぞ!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/24318

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

«前の記事へほんねのはなしTOPへ次の記事へ»

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
バックナンバー