• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. イベント&セミナー

イベント情報

多様な働き方の一つとして自営型テレワークをとらえ、自営型テレワークの基本を知り、「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」を理解することで注文者、仲介事業者、自営型テレワーカーがスムースに業務を進めることを目的としたセミナーです。
 厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」自営型テレワークの活用の際に注意すべきポイント in福岡(2018年度:第3回)
【開催日】2018年7月12日(木)
【時 間】15:00~17:00
【会 場】西日本新聞会館 10階会議室
【参加費】無料
【定 員】60名 ※定員になり次第締切
【主 催】厚生労働省
【共 催】西日本新聞社

内 容

多様な働き方の一つとして自営型テレワークをとらえ、自営型テレワークの基本を知り、「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」を理解することで注文者、仲介事業者、自営型テレワーカーがスムースに業務を進めることを目的としたセミナーです。

対象

・自営型テレワーカーへ発注している、もしくは発注したい企業
・在宅就業にかかる仲介事業者
・自営型テレワークという働き方に興味を持っている方
・在宅就業事業を企画・運営している団体・地方公共団体

会場アクセス

西日本新聞会館 10階会議室
(福岡県福岡市中央区天神1-4-1)

プログラム

15:00~15:15 講義「九州での企業のアウトソーシングと自営型テレワークの広がりについて」
講師:株式会社西日本新聞メディアラボ プロデューサー 清田慎弥 氏

企業のアウトソーシングの増加と地方創生で各地で立ち上がっている自営型テレワークの事例を紹介します。

15:15~15:50 講義「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」
講師:一般社団法人日本テレワーク協会 主席研究員 中本英樹 氏

「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」の中身を紹介するとともに、注文者、仲介事業者、在宅就業者から見た注意点を解説します。

16:00〜16:45 パネルディスカッション
実際に業務を発注している注文者及び、自営型テレワーカーによるパネルディスカッションです。両者の視点から、ガイドラインのポイントや特徴について、実例に即したケーススタディ式で理解を深めます。

講師プロフィール

株式会社西日本新聞メディアラボ プロデューサー 清田慎弥
清田慎弥 2002年西南学院大学法学部卒業後、西日本新聞社に入社。 本社広告局、東京支社広告部を経て、2014年4月に社長室デジタルプロジェクト担当となる。同年7月、㈱西日本新聞メディアラボへ兼務出向。現在は新聞社の新しい事業モデルの設計や、デジタル領域を中心とした新規事業開発を担当。8月にはランサーズ㈱と事業提携し、地域特化型クラウドソーシング「九州お仕事モール」をスタート。地方での新しい働き方をテーマに、総務省や地方自治体と連携した地方創生関連事業を展開。2016年からはメディアグループの機能を活かして、コンテンツマーケティングによる企業支援を推進している。
一般社団法人日本テレワーク協会 主席研究員 中本英樹
中本英樹 日本電信電話株式会社(NTT)入社。フリーダイヤル、PHS、インターネット等のICTを活用したサービスの普及・利用促進に長年携わる。株式会社NTTドコモ入社。法人営業でのソリューション提案・サービス提供に携わる。現在は一般社団法人日本テレワーク協会に出向中。家庭では男子三人を共働きの実践により育てた。現在は週に1日の在宅勤務により生産性の高い働き方とワークライフバランスの向上を実践中。

お申し込みについて

お申込み・詳細はこちらから

イベント情報TOPへ

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する