• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. イベント&セミナー
  3. ハーバーアンバサダーイベントレポート|11月18日
無添加主義(R)HABA HEALTH AID BEAUTY AID アンバサダー イベントレポート
無添加主義(R)HABA HEALTH AID BEAUTY AID アンバサダー イベントレポート
美眉&目ヂカラUP! 大人の美習慣&メイクレッスン 開催日:2016年11月18日(金)、会場:ハーバー銀座館3Fセミナールーム
美眉&目ヂカラUP! 大人の美習慣&メイクレッスン 開催日:2016年11月18日(金)、会場:ハーバー銀座館3Fセミナールーム

パーティーや女子会、クリスマス会、忘年会など、イベントが多い季節になりました。
シーンに合わせたメイクで華やかさを出したいですね。
でも、頑張りすぎる盛りメイクはNGです。
ポイントを絞ったメリハリメイクで、ナチュラルキレイに仕上げましょう!
11月18日(金)、マム会員のHABAアンバサダー16名が、全3回のレッスンの総仕上げとして、
ハーバービューティープロデューサー廣森知恵子さんによるメイクレッスンに参加しました。

アンバサダーの皆さんの<およばれメイクの>お悩みは?
アンバサダーの皆さんの<およばれメイクの>お悩みは?
  • うえっちさん
  • うえっちさん

    華やかさを出そうと思うと、メイクが濃くなってしまいます。

  • チャペスさん
  • チャペスさん

    塗れば塗るほど老けて見える気がするんです。

  • 比呂世さん
  • 比呂世さん

    およばれのときにどんなメイクをしていいのかわかりません...。

  • norimomoさん
  • norimomoさん

    パーティーメイクは、アイライナーを濃くするくらいしかしたことがないです。

  • Rieさん
  • Rieさん

    眉がうまく決まらないのが悩みです。

  • たけまいさん
  • たけまいさん

    普段より濃いメイクになるので、メイク崩れしやすくなるんです。

10:00 廣森知恵子さんによるスキンケアレッスンスタート! 「化粧水は5回重ねづけ」は習慣です!
10:00 廣森知恵子さんによるスキンケアレッスンスタート! 「化粧水は5回重ねづけ」は習慣です!

講師は、ハーバー研究所 ビューティプロデューサー 廣森知恵子さん。全3回のレッスン最終日であるこの日も、ひときわチャーミングなスーツと巻き髪で登場です。アンバサダーからは思わず「かわいい!」の声が上がりました。

メイクの前に、すっかりおなじみとなったスキンケアのスタートです。クレンジングを経て、化粧水の「5回重ねづけ」でお肌をやわらかくします。「首と目のまわりは皮膚が薄いのでこすらないように」「スクワランは、化粧水でお肌が濡れているうちに1滴ですよ」「寝不足のときは油が出やすいので、こめかみにスクワランをよく刷り込んで」廣森さんの声かけにアンバサダーの1分40秒の基本のスキンケアがすすみます。レッスンを重ねるにつれ、動作に迷いがなくなってきたようです。

廣森さんから教えていただく裏ワザに欠かせないハーバーの高品位「スクワラン」は、アンバサダーたちにとっても欠かせないアイテムになっているようで、各テーブルから「このスクワラン、本当にいいよね」という声が聞こえてきました。

10:30 いざ、美眉&目ヂカラアップ!冬の限定品「スノーホワイトビューティコフレ」を使って
10:30 いざ、美眉&目ヂカラアップ!冬の限定品「スノーホワイトビューティコフレ」を使って

アンバサダーたちのお悩みでいちばん多かったのが、パーティメイクが「濃くなってしまう」こと。廣森さんはどのようにおよばれメイクを教えてくださるのでしょうか。

ベースメイクは前回教わったように、下地のあとにコンシーラーを使い、「ファンデーションは薄づけ」。その後のおしろいはブラシを使って円を描くようにつけていくと、ツヤツヤに仕上がります。「ファンデーションは下から上に向かって、産毛に逆らうように」「おしろいをつけるときのブラシは、目の下は扇形に、ほうれい線まわりは平形に持ち替えて」廣森さんのアドバイスが聞こえてきます。

ベースメイクのあとは、顔の印象を決める「眉」。アンバサダーたちにとっては難関です。廣森さんやスタッフのご指導のもと「眉を描いたあとの眉カット」を行いました。アイブロウについている眉ブラシを使って、はみ出した部分の毛をカットしていきます。廣森さんいわく「ドレスや着物のときなど、髪をアップにするときは、少しだけ長めに眉を描くのがポイントです」とのこと。アンバサダーたちはうなずきながら真剣に鏡に向かっていました。

レッスンがすすむに従って、少しずつ「およばれ感」が増してきます。今回使用しているのは、赤いポーチ「スノーホワイトビューティコフレ」セットと、ティアラピンクのブライトニングアイヴェール。廣森さんがポーチから取り出した「ジューシーエッセンスチーク」は、ジェリー状なので触るとやわらかく「何、この感触!?」とアンバサダーも驚きの表情。ふわふわのチークを頬にのせました。続いて、ブライトニングアイヴェールを使います。「このティアラピンクを、顔全体やまぶたまで使いましょう。華やかになります」と廣森さん。首や手の甲にもつけると上品な輝きが出ます。ティアラピンクを使ったことで、セミナールームの温度が上がったように盛り上がりました。

11:30 写真撮影
11:30 写真撮影

およばれメイクにふさわしく、おしゃれをして集まったアンバサダーの皆さんの、個人写真撮影を行いました。
撮影前には廣森さんのタッチアップ(最終仕上げ)です。最後のレッスンということもあり、お礼の言葉やレッスンの感想など、廣森さんへの想いを伝える人も......。レッスンが終わる寂しさと、スキンケアやメイクの「技」が身についた充実感とで感無量のまま、撮影エリアへ向かうアンバサダーの皆さんでした。

日頃から撮られ慣れていて、ポーズや表情をワンショットごとに変えている方、周りのアンバサダーに緊張をほぐしてもらっている方、撮影が終わってからやっと笑顔がこぼれる方などさまざまでしたが、「きれい!」「素敵!」の声はあちこちから絶えませんでした。

12:15 イベント終了
12:15 イベント終了

この日は、アイブロウ「ナチュラルフィットアイブロウ」がプレゼントとして配られました。廣森さんに伝授していただいた「美眉」の描き方を、早速明日から実践できますね。今回のレッスンでは毎回サプライズでプレゼントがあり、廣森さんはじめハーバーのスタッフの皆さんの心遣いにアンバサダーたちも感謝の気持ちでいっぱいの様子でした。

3回のレッスンを終えて、すっかり打ち解け、ハーバーのファンになったアンバサダーたち。レッスンで学んだことを活かして、自然な美しさをキープしてくれることでしょう。みなさんもぜひ、アンバサダーに続き、ハーバーの無添加化粧品を試してみませんか?

参加者の声

化粧水でしっかりお肌に水分を与え、少しの油分で蓋をすることの効果を身を持って知ることができました。
今回、スクワランについて知ることができたのが収穫でした。
noriさん

自然派メイクは基礎をきちんとすることが大切なのだと腑に落ちました。
KTさん

裏技やコツをお話してくださった廣森先生が気さくで可愛らしかったです。
ハーバーの商品と廣森先生のファンになりました。
うえっちさん

およばれメイクで
こんなにキレイになりました♪

講師プロフィール
廣森知恵子さんお写真

photo by Koichiro Matsui

ハーバービューティプロデューサー
廣森知恵子さん

外資系化粧品メーカーを経て、1999年(株)ハーバー研究所入社。美容業界歴38年。カウンセリングやセミナーなど、全国各地で40,000人以上の女性の肌を見つめ続ける美肌のエキスパート。NHK文化センターや市民大学の講師も務める。自身もアレルギー体質で敏感肌であることから、スキンケアやメイク、生活習慣に至るまで、シンプルで誰にでも実践できる美容法を伝え、人気を得ている。近年、障害を持つ方の就労セミナーや、高齢者施設、病院でのメイクサービスにも積極的に取り組んでいる。WEBマガジン、ラジオなどにも出演中。著書に『大人美スタイル』『お手入れの「本当」美肌本』(共にNHK出版)がある。

ページの先頭へ