• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. イベント&セミナー
  3. イベントレポート

イベントレポート

10/27(木)川崎市 女性のための在宅ワークセミナー 入門コース<新百合21ホール>

siga_report_title.png
【日 時】2016年10月27日(木)10:00~12:00(相談会 12:10~13:00)
【会 場】「新百合21ホール」第1会議室(川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合21ビル B2階)

026230_ph01.jpg
10月27日(木)、「川崎市 女性のための在宅ワークセミナー 入門コース」が開催されました。これから在宅ワークをはじめたいと思う方、在宅ワークに興味のある46名の女性が、川崎市麻生区の「新百合21ホール」に集まりました。

講義「在宅ワークをはじめるにあたって」|講師:株式会社キャリア・マム 堤 香苗氏

 株式会社キャリア・マム堤講師の挨拶ののち、講義が始まりました。

 子育てや介護を理由に、外勤が難しいといった女性は決して少なくない中、株式会社キャリア・マムは、絵を描くのが好きならデザイン、文章を書くのが好きならライティングといった、それぞれが得意なことを活かし、チームを組んで在宅ワークを行う仕組みを作ってきた会社です。

 「チームだと分業ができるので、子育てや介護の合間の時間を使って、在宅ワークができるのが魅力です」と堤講師。

 在宅ワークは、パソコンを活用する仕事が多いですが、スマートフォンでもできる仕事もあり、働き方や使うツールは多種多様。「最初から無理だとあきらめないで、在宅ワークという、しなやかで斬新な働き方にチャレンジして欲しい」と話していました。

 ほかにも、在宅ワークをはじめるときに必要なツールの紹介や、在宅ワークの主な業務内容、その業務に必要なスキルはどういったものかといった説明もありました。

026230_ph01.jpg

パネルディスカッション「在宅ワークセミナー活用術!~先輩受講生トークライブ」

次に、堤講師の進行により、既に在宅ワークをされている、志田さんと久松さんを迎えてのパネルディスカッションが行われました。

026230_ph01.jpg
 志田さんが、在宅ワークをはじめたのは16年前。外勤の仕事と並行して、知り合いに頼まれたメルマガやコラムの執筆などをしていたとのこと。
妊娠、出産を機に、働き方を見直し、再び在宅ワークをスタート。主に、在宅マネージャーをしていましたが、家族の介護が必要になったので、現在はマネージャーではなくワーカーとして働いています。

 一方、久松さんは、出産後も外勤で働いていましたが、小学生の子どもとの時間を大切にしたいことから、在宅ワークという働き方を選びました。
一年前に川崎市の「在宅ワークセミナー入門編」と「スタートアップチーム」を受講後、データ入力や採点業務などをされているそうです。

026230_ph01.jpg
「自分の時間を自由に使えること、やりたいことを優先できるのが、在宅ワークの一番のメリットです」と話す志田さん。
 仕事をしている間は、集中力が落ちないよう、テレビはつけずに過ごしているそうです。
 また、仕事でわからないことがあったときは、自己判断をしないでクライアントに聞く、作業内容を間違えてしまったときは素直に謝罪をし、「お仕事をいただいている」という感謝の気持ちを忘れないことが大切だと話していました。

 久松さんは、お子さんが小学校に行っている間に仕事をしていますが、自分で仕事量をコントロールできるのが、在宅ワークの良い点ですと笑顔を見せていました。
仕事が忙しいときは、家事を後回しにしてしまい、ご飯の時間が遅くなりがちなので、この時間になったら家事をはじめるといった、時間のオンとオフを意識しているとのこと。
はじめは、自分のできる範囲の仕事量で、納期をきちんと守ることが、次の仕事につながるポイントだそうです。

今年度の講座紹介

 この後、平成28年度の在宅ワークプログラムの紹介がありました。プログラムは全て参加費無料で、託児も付いています。
「スタートアップコース」は、在宅ワーカーとしての経験がない初心者向けの実務講座です。2日間、2時間ずつの集合研修に加え、擬似的業務を経験できる1.5ヵ月間のOJTトレーニングに参加することにより、在宅ワークへの第一歩を踏み出すことができます。

 ほかにも、入門コースやスタートアップコースの講座修了生と、現役の在宅ワーカー同士の交流や情報交換が出来る「在宅ワーカー交流会」、在宅ワーカーと企業、仲介機関が参加して業務の受発注の商談を行うマッチングイベント「ビジネスマッチング交流会」など、堤講師より各企画の詳しい説明がありました。
※第1回「スタートアップコース(新百合ヶ丘開催)」は10月31日に、第2回「スタートアップコース(溝の口開催)」は11月11日に締め切りました。

川崎市就業支援室の紹介|川崎市 経済労働局労働雇用部

 川崎市経済労働局労働雇用部より、就業支援の紹介がありました。就業マッチングは、雇用形態などの希望条件を聞き、求人情報を紹介するもので、託児サービス付きの相談もあるそうです。ほかにも、就職に関するセミナーや、電話相談も受けられるとのことでした。

在宅ワーク相談会

 セミナー終了後には「在宅ワーク相談会」も開催されました。パネラーの志田さんと久松さん、株式会社キャリア・マムの在宅マネージャーも参加しました。

026230_ph01.jpg
参加者の方々は、スタートアップコース、OJTトレーニングについての質問や、実際に、仕事を受注するまでの流れをスタッフに確認するなど、ざっくばらんに話していました。
 今日のセミナーをきっかけに、「在宅ワーク」という新しい働き方に、希望を持たれた方も多くいたようです。

参加者アンケートより

・家族を大事にする働き方ができることがわかりました。昨年セミナーを受講した久松さんのお話も参考になりました。(40代)
・とても前向きな説明で分かりやすかったです。(40代)
・体験談が聞けて実感がわきました。HPだけの紹介では得られないようなことが聞けてよかったです。(30代)
・漠然としていた在宅ワークについての意識が少し明確になった。内職との差が分かった。(30代)
・仕事のスキルがないのが不安でしたが、相談会で話してみて、私もやってみようと勇気をいただけました。(30代)
・相談会で、私が興味のある音声おこしに必要なこと、注意点等教えていただきました。(30代)

«前のページへイベントレポートTOPへ次のページへ»

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する