• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. ライフスタイル
  3. 届かなかったラヴレター

届かなかったラヴレター

なお豆

切ない気持ちや感謝の気持ち、大好きだったあの人への想い・・・毎年、大切な人への思いを綴ったラヴレターを募集している「届かなかったラヴレター」。これまでご応募いただいた「届かなかったラヴレター」をご紹介します。


 幼い時、
いつもお飯事や粘土遊びをして一緒に騒いでは、
いつも笑っていた幼なじみが僕にはいた...
それが、いつの間にか、
お互い大人になり恋愛感情を抱くようになっていった。
 それは、
幼なじみであるが故に言い出しにくく、
素直な気持ちを話すことすら照れくさかった。
幼いころは、
普通に「大好き」などと言えた時が
また懐かしく思えた。
 それから、
僕はラブレターを生まれて初めて書こうと思った。
家も近所なので
渡すチャンスがいつかある事を祈りペンを走らせた。
そのラブレターの中には、
手紙の他に彼女の好きな曲(CD)も入れた、
それは幼なじみの特権で、
彼女の事が良くわかっていたからこそ
出来る事でもあった。
 ある学校帰り、
僕はゲリラ豪雨にあい濡れながら
自転車を走らせ家路を急いでいた。
すると前の方に、
相合傘のカップルが体を寄り添って歩いていた。
その脇を通りすぎた瞬間、
僕は何気なくチラッと横目で見たら
幼なじみの彼女だった。
一瞬時が止まり自然と涙が込み上げ、
気が付いたら自転車を力いっぱい走らせ
雨の音と共に叫んでいる自分がいた。
 そして、
雨もまた僕の心を洗い流してくれているようだった...

「届かなかったラヴレター」次回の募集についてはキャリア・マムサイトやメルマガでお知らせします。 過去の受賞作品はこちらでご覧いただけます。

«前のページへ届かなかったラヴレターTOPへ

このカテゴリの最新記事

  1. なお豆
  2. ひで子
  3. 匿名
  4. 匿名
  5. 山中等

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する