• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. ライフスタイル
  3. 届かなかったラヴレター


届かなかったラヴレター

小宮 透(こみや とおる)
応募作品紹介
小宮 透(こみや とおる)
 前 略 どうして忘れられないんでしょう。初恋でもあるまいし、成就した恋でもないのに。 この目が、君の寂しい横顔を憶えている。 この耳が、君のやさしい声を憶えている。 この鼻が、君の爽やかな香りを憶え...
こだま山彦(やまびこ)
応募作品紹介
こだま山彦(やまびこ)
 まだ携帯電話などなかった時代、高校生であった私は、君に告白しようと決心しました。夏休みに入ってすぐのことで、君の家に電話をして、話があるから会いたいと話したよね。でも、電話は部活帰りの時間で遅く、君...
ぺぺろん
応募作品紹介
ぺぺろん
母は 人一倍 やさしい人で私は 甘えてばかりいた。時に、母の 無償の愛を 踏みにじったりもしたけれど、最後まで 私を信じてくれていた。 今 天国の母へ 伝えたい言葉がある。 「恩返しも出来ず、ゴメンナ...
雪の玉
応募作品紹介
雪の玉
 想い出のビスケット 今は亡き父が好んで食べていたおつまみ。六畳一間の片隅に小さな座卓があり、その上には父の必要なものが全て置かれている。仕事から帰ってくると必ずそこに座りおもむろにポリポリと食べ出す...
88
応募作品紹介
88
あなたの側にいたい気持ち、今も変わってないよ。彼の転勤が決まって、出世だって分かっていても素直には喜べなかった。 "今より、もっと逢えなくなる"それが、私の正直な気持ちでした。 不安になり毎日泣く私に...
よっしゃん
応募作品紹介
よっしゃん
 おかあちゃん...捨て子の私を育ててくれた お母ちゃんしあわせだったなんて思った事もない日々だったけど私は今三人の子に守られて生きています。会えば、ケンカばかりで 憎んだ事もあったけど会えなくても ...
匿名
応募作品紹介
匿名
 もうあれから十年になろうとしています。この空白の期間を経て、本物の心を空の君に送ることが出来ます。 我が儘な君がこんなに早く死ぬなんて思いもしなかった。もっと我が儘聞いてあげればよかったと、いまだに...
ぺぺろん
応募作品紹介
ぺぺろん
天国のお父さん、お母さん、こんにちは。きっと私の事、心配して見ているでしょう。末っ子だったから、いつまでも 甘ちゃんでともすると人生の荒波に のまれそうです。私も今年 還暦を迎えました。何だかんだ、生...

ページの先頭へ