• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. ライフスタイル
  3. 教えて!ごとう先生

教えて!ごとう先生

気持ちと行動が伴わない小6男子

子どもの勉強で頭を抱えているママたちへ。長年子どもたちを指導しているごとう先生が、すっきり解決してくれます!

後藤 武士 先生:1967年(昭和42年)岐阜県生まれ。青山学院大学法学部卒。日本全国授業ライブ「GTP」主宰として、北海道より沖縄・石垣島まで、児童、生徒、父母、講師、教師、会社員を対象に講演。また新進気鋭の若手教育評論家、最強教育指南役としても活躍中。 ⇒オフィシャルサイト ⇒後藤武士先生 著書一覧

~後藤先生メッセージ~
実現可能で、子どもの性格・適正にあった経験的な裏付けをもった学習法を指導したいと思っています。ときには厳しいことも申し上げますが、すでにご定評いただいている救いのあるアドバイスを心がけます。夢を妄想としてしまうのではなく、 数年後の姿とできるよう、一緒にがんばりましょう。

Q. 気持ちと行動が伴わない小6男子

20160622.png 首都圏在住で、来春中学受験を予定している小6の息子がいます。「やる気はある」と本人は言うものの、行動が伴わず困っています。塾に行く前も準備などせず、30分間でさえ惜しんで遊びに行く始末。志望校は決まっているので目標はあるのですが、本人のモチベーションをどう上げていけばよいでしょうか。

(HN:くるみるく)

A.力を抜いていいでしょう

夏休み以降に変化がある

 私、手賀沼ジュンが好きなんです。いまいち知名度は高くないけれど、自作の回文をオリジナルのメロディーに乗せて歌唱するネタが秀逸の音楽系芸人。くるみるくさんのハンドルネームも見事に回文になっていますね。これは心して回答させていただかないと。
 とまあのっけからくだらないことを述べてしまいましたが、それくらい力を抜いていいのではないかというのが私の考えです。というのも、すでに中学受験対応型の塾には通っていらっしゃる様子。志望校も決まっているということなので少なくとも自分の相対的学力に対する無知や勘違いはないように思えます。また、いただいた文面から推測する範囲でしかありませんが、準備は後まわしにしても通塾自体を嫌がっているようではなさそうで、それもまた好材料です。
 くるみるくさんとしては今ひとつ本気度がたりない息子さんが歯がゆいのでしょうが、私は心配ないと思います。なぜなら大抵の塾では夏休みからは新規の単元を学ぶのではなく、問題中心の授業に切り替わります。進度の早いクラスでは難易度の低い学校の過去問を使っての演習も始まります。つまり単元学習から入試演習への移行が進んでいくわけです。秋以降はさらにこの傾向に加速がかかります。のんびりしているクラスでも演習がスタート、進んでいるクラスでは演習対象の学校も名の通った難関校が多くなっていきます。さらに模試も増え、面談の頻度も、個別の弱点分析や志望校の傾向との相性なども考慮されるようになります。理念から現実への変化が進むんですね。そうなってくると、学習にも張りあいが出てきます。男子児童の場合はゲーム性を感じ取ってのめり込んでいくケースも少なくありません。30分を惜しんで遊びにいく積極性の持ち主である息子さんですから、私は初期の誘導さえ間違わなかったら、きっとこの流れによい意味でハマると思います。

初期の誘導がポイント

 その肝心な初期の誘導ですが、ポイントは全体としての点数や偏差値で話をしないこと。大切なのは中身である各分野、回答形式ごとの得手不得手の把握です。そのあたりだけ気をつけて助言するように心がけていればいい方向に進んでいくことでしょう。くれぐれもはじめが肝心ですよ。

回答は質問いただいた文面から推測できる範囲でアドバイスさせていただいたものです。 したがって私のアドバイスが最善とは限りません。実践に関しては使える部分をアレンジして各自の責任でお願いします。 ・・・後藤 武士

«前のページへ教えて!ごとう先生TOPへ

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する