• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. 主婦と消費行動研究所
  3. 主婦研NEWS

主婦研NEWS

渋谷で伊東! 静岡の春を感じる店"イトウバル"

渋谷駅から表参道方面に宮益坂を昇ったあたり
静岡県伊東の味を楽しめる魚バルに行ってきました。
カジュアル感のある新しいお店で、店内もお洒落かつ活気あり
若い女性からサラリーマンまでにぎわうお店です

IMG_3305.JPG

フルーツの甘さが生きるシンプルな食材たち

国内旅行が好きな私。もちろん伊東も大好き。 温暖で相模湾の海の幸が美味しいですよね。 そんな伊東から届いた鮮魚が並ぶ見せ場があるので 自分なりに目利きしてチョイスすることも出来ますよ。 (平日20時過ぎの訪問だったので、だいぶ少なくなってたけど...)

IMG_3309.JPG

ドリンクまで伊東の食材を使ったもの多し。
まずは生絞り!イトゥバルサワー。
JRあいら伊東 直送果実入り 季節によって果物は変わるんだそう。
この日は伊東の柑橘が入った甘めのサワー。ママレードが乗っています。
どちらかと言うと女性好みです。

IMG_3360.JPG

お通しはバケットにタプナード。
タプナードって何よって思ったら ペーストの事らしい。
日本ってカタカナ好きですよね。
メニューは、本日のおすすめを中心に
生ハムといちごの盛り合わせプレート。
いちごとキウイフルーツとチェリーモッツアレラのカプレーゼ。

IMG_3371.JPG

どちらも、カラフルでテーブルに届くたびに「わあ~」って歓声が出るほど。
食材の味をシンプルにいただける美味しさでフルーツの甘さが生きていました。

フルーツを乗せた本日のカルパッチョ。
この日は「さわら」魚編に春と書くだけあって 春ですねぇ。
ブリよりはさっぱりとした身で若さを感じる味わい。
エッジの効いた食感もさわらならでは。

IMG_3366.JPG

伊東から届いた海鮮は味が濃い

伊勢海老と鮮魚のブイヤベース。 ここでは、倶楽部ダイナックって会員(無料)になると 凄くお得な価格になるので 即その場で入会。 半身 3,600円が→2,800円に 鮮魚の旨みの相乗効果 添えられたバケットにスープまで浸して楽しみました。 ぷりっぷりの伊勢海老はもちろん、アサリの身の味が濃くて特に美味でした。

IMG_3377.JPG

あわびの浜焼香草バター。
半身2,200円が倶楽部ダイナック会員入会で→1,480円。
滋味ある香草バターの風味が良いです。

IMG_3375.JPG

青唐辛子のきいたチーズオムレツ。
すっきりとした青唐辛子の辛さが口の中で後から来ます。
鉄板提供なので追熱しすぎると卵がパサつくのですぐ食べたほうがおすすめ。

IMG_3382.JPG

腰折れ海老の唐揚げ。
知る人ぞ知る旨いエビですね 海老とカニの中間のような味わい。
カリカリに揚がっているのでスナック感覚で楽しめますよ。

IMG_3384.JPG

じわじわブームになりつつある静岡和牛!

そして、こちらも静岡からじわじわとその名が広がってきている 和牛「静岡そだち」の赤ワイン煮。 赤身よりのお肉だけど繊細にさしが入っているので、口の中でほろりとほどけました。

IMG_3383.JPG

イトゥバルサングリア(赤)。
漬け込んでもいると思うけど、冷凍した果実が氷と一緒に
入っていて 溶けるほどにフレッシュな果実感がアップ。 甘めサングリア。

IMG_3380.JPG

〆飯的に
しらすと青じその港町風パスタ。
シンプルなペペロンチーノにしらすがたっぷり。

IMG_3387.JPG

デザートには
静岡産グリ茶のティラミス。
茶の旨みを逃がさない「グリ茶」ここにもご当地感強。
中にはアンコ入りで 和スイーツ好きな人におすすめですね。

IMG_3390.JPG

ドリンクにも食にも、伊東を余すことなく楽しめるお店でした。
そろそろ河津桜の季節 一足先に伊東の春を楽しめちゃった感じ。
ゆかりのある人はもちろん、静岡県伊東を渋谷で楽しみたい人にオススメのお店です。
3~4人であれこれシェアするのも良いし、料理のポーションを選べる(魚半身とか)
のでデート利用にも良さそうですよ。

【店舗情報】

IMG_3326.JPG
イトウバル
渋谷イタリアン海鮮魚介
アクセス:地下鉄副都心線渋谷駅 13番出口 徒歩2分
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-6-8 渋谷井上ビル1F
Writer:レイニー・ホワイト
profile:マイペースに毎日を美味しく生きたいと望むオプチミスト
Blog: https://ameblo.jp/reini-w/

«前のページへ主婦研NEWS TOPへ

主婦と消費行動研究所:「家族との日々の暮らしと自分の人生を、楽しく、面白く、満足できるものにしたい。」主婦と消費行動研究所は、プロの消費者である主婦たちのそんな思いを社会に発信し、暮らしと企業をつないでいくことを使命としています。

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する