• ようこそ ゲストさん
  1. HOME
  2. 主婦と消費行動研究所
  3. 主婦研NEWS

主婦研NEWS

『ビルド・ア・ガール』公開直前イベントに行ってきた♪

こんにちは!主婦研ライターの丸田です。
10月22日(金)より公開となる『ビルド・ア・ガール』の、公開直前イベントが、10月12日(火)六本木ポニーキャニオンで開催されたので、取材に行ってきました。この日は応援人として、お笑い芸人のゆり やんレトリィバァさんが登壇。映画の見所やとっておきの話を聞くことができました!

舞台はロンドン。16歳の女の子による、青春エンパワーメントムービー!

映画の舞台は1993年。16歳の高校生ジョアンナは、悶々とした日々を変えるため、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。底なしの想像力と文才を活かしロンドンで仕事を手に入れることに成功し、そこで始まる大人の世界で失敗や正解を繰り返していくティーンの奮闘を描いた、青春エンパワーメントムービーです。
主人公のジョアンナを演じるのは、ジョナ・ヒルの妹で『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』や『レディ・バード』での名演技で強烈な印象を残した新星ビーニー・フェルドスタイン。劣等感もパワーに変えて、自らの力で未来を切り開くヒロインを魅力たっぷりに熱演します!

真っ赤な髪とシルクハット、タキシード姿の、ド派手なゆりやんが登場!

009609-1.JPGイベントには、主人公のジョアンナの衣装そっくりの真っ赤な髪とシルクハット、タキシードというド派手な格好に身を包んだゆりやんレトリィバァさんが登場!なんと、冒頭2分間「無言」の演技で会場の視線を釘づけにします。

「主人公は夢に向かってがむしゃらに奮闘していて、大人が観ても、私たちもこれから夢を追いかけるぞ!と前向きな気持ちになれます。年齢問わず共感できるところがあり、夢に向かう姿勢を見習いたい。」と、映画の魅力を語りました。

ゆりやんにとって、「○○な人」とは・・・「GOD WALL」を紹介♪

009609-2.JPGまた作中登場し、主人公ジョアンナにとって神々の存在であるスターや作家などの写真を部屋の壁一面に埋め尽くした「GOD WALL(神の壁)」になぞらえ、ゆりやんレトリィバァ版の「GOD WALL」を披露。ゆりやんにとって、「○○な人」を6名紹介してくれました。
「崇拝している人」は岡部友さん、ゆりやんさんのパーソナルトレーナーだそう。一緒にお尻を鍛えるトレーニングをした方だ、と紹介しながら、会場に自慢のお尻を突き出して披露。チャーミングな後ろ姿に、会場もほんわかムードに。 続いて「共演したい人」はクリント・イーストウッド、「会いたい人」はザック・エフロンと教えてくれました。
「心の支えの人」はかほちゃん、女優の夏帆さんかと思いきや、大学の友達とのこと。そして「尊敬している人」はナダルさん。こちらもテニスプレーヤーのラファエル・ナダル選手の引っかけと匂わせ、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルさんと判明。事務所の先輩で、毎日電話をするほど仲の良い間柄だそうです。
「生まれ変わってみたい人」はビリー・アイリッシュで、歌詞が自分の思っていることと全く一緒だと言いながら、歌のパフォーマンスを披露してくれました。

009609-3.JPG最後に「面白い映画なので絶対観てくださーい!」と笑顔で挨拶。
観たらゆりやんのように自分らしくポジティブで元気になれる映画!
ぜひ、映画館で楽しんでください!

ビルド・ア・ガール
10/22(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
© Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
配給:ポニーキャニオン、フラッグ
プレゼント応募受付中♪
https://tinyurl.com/3fun9bvb

«前のページへ主婦研NEWS TOPへ

主婦と消費行動研究所:「家族との日々の暮らしと自分の人生を、楽しく、面白く、満足できるものにしたい。」主婦と消費行動研究所は、プロの消費者である主婦たちのそんな思いを社会に発信し、暮らしと企業をつないでいくことを使命としています。

ページの先頭へ

この記事が気に入ったら「応援する」ボタンをクリック

応援する