こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 美容と健康 > 深層ココロBlog > 2010年6月

深層ココロBlog

2010年6月

心に残るレッスン

梅雨の季節がやってきましたね。
この蒸し暑さで気分はいまいちスッキリしないところですが、
今月は私の親友が3人も出産をして、
嬉しいニュースが盛りだくさんです。
今はすぐ写真付きメールを送ってくれるので、
産まれたばかりの赤ちゃんを見ることができるので
感動を分かち合えていいですね!


さてさて話は変わりますが、
私はヨガのレッスンを通じて
いろんな方と接する機会があります。
以前とても印象深い出来事がありました。


いつもいらっしゃるとても穏やかな年配の女性が、
その日はぎりぎりの時間に慌ててやってきました。
そしていつもの定位置に新しい女性がいることに気づかれたのですが、
どうしてもその場所が良かったのでしょうか、
少し怒った感じでぐいぐいとその場所に
割り込むようにして入ってきたのです。


新しく参加した女性はちょっと驚いた様子で謝って
その場所を譲っていましたが、気まずい空気が残っていました。
私もその方の普段とは違う様子に驚きました。
そしてレッスンが始まり、いつものように自分自身に集中して
90分を終えると、皆さんとてもいい表情をしていました。


レッスンが終わるとすぐに、遅れて来た方が新しい女性に、
「さっきはあんな態度してごめんなさいね~。
遅れて来た私が悪かったのに、嫌な思いさせてごめんなさいね。」
と謝られ、それに笑顔で新しい女性もこたえていました。


感情というのはあっという間に人の心を支配します。
私も時間がなくて焦っていたり、イライラしているときには、
不本意な行動や態度をとってしまうことがあります。


今を生きているようで、頭の中は過去や未来へと
あちこち忙しく動き回っています。
ときには何かに執着して気持ちがそこから離れないこともあります。
ヨガでは深い呼吸と体への意識を深めることで、
一瞬一瞬の今ここにある自分とつながります。
すると様々な感情や執着からいったん離れることができ、
自分の中で調和がとれるのです。
そして自分を客観的に冷静に見つめることができます。


あのとき遅れて来た女性も、レッスンの間にこれまでの様々な
感情から離れて、クリアな状態で自分自身と向き合った時に、
自分の行為に気づかれたのでしょう。


『自分自身が調和することができたならば、自然と周囲との調和もとれる』
そんなことを教えてもらった心に残るレッスンでした。

プロフィール

一之瀬さん

ヨガの持つ精神性や奥深さに感銘を受け、さまざまなヨガスタイルを学ぶ。

心と体のつながりを大切に、幅広くヨガの指導を行っている。

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師およびヨーガ療法士
全米ヨガアライアンス公認インストラクター