こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 美容と健康 > 深層ココロBlog > 2010年11月

深層ココロBlog

2010年11月

足るを知る

秋も深まり空気も澄んで、日々変化してゆく
木々の色どりがとても美しく、気持ちがいい日が続いていますね。
前回のブログからだいぶ間があいてしまいましたが、
皆様お元気にお過ごしでしょうか。

最近の私はというと・・・実はおなかが大きくなって8カ月です。
また赤ちゃんを授かることができました。

9月の末に引っ越しをしまして、妊娠中期だから大丈夫だろうと
思っていたのですが、引っ越しが近づくにつれて
お腹の張りが頻繁になり、
遂に引っ越し当日はほとんど動けないほどひどくなってしまいました。
翌日慌てて病院に行ったところ、絶対安静と言われ、
引っ越し早々に寝たきりの新生活が始まりました。
そんなわけでいまだに片付かない段ボール部屋の片隅にありますが、
寝たきりの間、平日は毎日母が来て
家事のすべてや家の片づけをしてくれました。
そのお陰で今は回復して元気です!

私はヨガをしていたこともあって、
自分は体も健康だし体力もあるから妊娠生活もあまり変わりなく
やっていけるだろう、とこれまで思っていました。
ところが昨年の流産の経験もあり、
妊娠当初からお医者様から常に安静を心がけるようにと言われ、
仕事も休ませていただくことにしました。

念願の赤ちゃんを授かれてこんなに嬉しいことはなく、
「赤ちゃん第一!何より最優先に!」と頭の中では思っているものの、
これまで常に動き回っていた習性がなかなか抜けず、
赤ちゃんのペースでなく、自分のペースでやろうとしてしまうのです。
そうすると「自分本位になってるよ!」と
赤ちゃんが教えてくれているかのように、
お腹が張ったり具合が悪くなったりしました。

私の親友が同じころに出産予定なのですが、まだ仕事を続けていて、
旅行に行って来たよ~、なんて話を聞くと羨ましく思ったりもしますが、
妊娠期間もひとそれぞれ。ずっと入院していたという友人もいます。
私はお腹の赤ちゃんが私に合った、『母になるための必要な時間』を
与えてくれているように感じます。

先日もつい
「あ~、マタニティヨガやりたいな。お出かけしたいな~。」と言ったら、
夫に、「こんなに周りに支えてもらって協力してもらっているのに
何を言ってるの。」と叱られて、またまた反省でした。


ヨガの教えで『知足』と言う言葉があります。
「足るを知る」足りていること、
つまり今あるもの、与えられているものに感謝をし、
その中に喜びを見出す、という意味です。

私はこの妊娠期間を通じて、私と赤ちゃんがたくさんの人の支えの中で
生かされている幸せに改めて気付かされました。
自分にないものについ心が向いてしまう欲深い自分を諭してくれた
夫の一言にも感謝です。
残り少なくなってきましたが、
貴重なこの妊娠生活を満喫したいと思います。

プロフィール

一之瀬さん

ヨガの持つ精神性や奥深さに感銘を受け、さまざまなヨガスタイルを学ぶ。

心と体のつながりを大切に、幅広くヨガの指導を行っている。

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師およびヨーガ療法士
全米ヨガアライアンス公認インストラクター