こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 美容と健康 > 深層ココロBlog > 母からの言葉

深層ココロBlog

母からの言葉

地震から1カ月が過ぎましたが、
皆さんご無事でしょうか。
このたびの東北地方太平洋沖地震で
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

あの日、私は赤ちゃんの1カ月検診で病院にいました。
今まで体験したことのない大きな揺れに動転しながら、
看護婦さんと一緒に赤ちゃんを必死に病院の
ベットの下に隠して、赤ちゃんを守らねば! と
思いながらも心臓がバクバクして
震えが止まらなかったのを思い出します。


1カ月したら実家に戻ろうかと思っていたのですが、
地震の不安があったり、なかなか体調も安定せずに
結局2カ月も実家にお世話になってしまいました。


正直、産後がこんなに大変だと思わず、ずいぶん涙しました......。
授乳がうまくいかなくて落ち込んだり、
寝不足が続いてイライラしたり、
早く元気にならなくちゃと焦ったり。


両親の助けをかりてばかりで、赤ちゃんのお世話すら
まともに出来ずにいる自分がとても情けなく、
早く自立しなければ! と思う気持ちがどんどん
プレッシャーになっていました。
感謝の気持ち以上に、してもらってばかりで
申し訳ないという気持ちのほうが大きくて心苦しかったのです。


そんなとき母が私に言った言葉に救われました。
「別にあなたのためだけじゃないのよ、赤ちゃんのためにね。
こどもは宝なんだから、社会全体で育てる義務があるのよ。」と。


私が頑張らなきゃと思う気持ちが強すぎて
自分自身を追い込んでしまっていましたが、
これからは素直に周りの力を借りながらやっていくことが、
自分にも子どもにとっても大切なことだなぁと思いました。


今2カ月半ほどたち、息子ちゃんは
ずいぶん表情豊かになってきました(^^)
私もだいぶ新しい生活にも慣れ、
日に日に成長してゆく姿を楽しんでいます。


ブログをご覧になってくださっている皆さんは
大先輩ばかりだと思いますので、
体験談やアドバイスなどコメントお待ちしてます♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.c-mam.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/94

コメント(6)

数年前の話になってしまいますが、産後は何かと大変だった記憶があります。
社会全体で赤ちゃんやお子さんを見守っていけるといいですね^^

★candyさん
マタニティブルーや育児ノイローゼを、昔はどうしてだろうと思ったりもしましたが、妊娠&出産を体験して初めてよくわかりました。
私のように環境に恵まれていても精神的に不安定になりましたし。でもそうやって母親として強くなっていくのかもしれませんね。
私もこれから出産する友人の励みや支えになりたいと思います。

アドバイスと言うほどではないのですが、
一番身近な主人と共に協力してきたことが
良かったかなと思います。
仕事が忙しいのは男親なら誰でもですが、
肉体的(労働力)、精神的(心)な支えが、
あったから今があるのだと思っています。
ミルクを飲ましてくれたり、
お風呂に入れてくれたりと
育児のお手伝いや
買い物、掃除、洗濯など
主婦のお手伝いに
どれだけ助けられたことか…
私が上手く操縦した訳ではないのですが、
喜んでいろいろやってくれた主人に感謝です。
私たち夫婦が三度目の正直でやっと授かった
命だったからかもしれません。
子供を育てていく喜びは何にも代えがたい
ものだと今振り返ると思います。
どうぞご夫婦円満に育児の喜びを
味わってくださいね!

★ランさん
お返事遅くなってしまいごめんなさい!
いつもコメントをありがとうございます。
やっと生活も軌道のって、以前よりうまくやりくりできるようになってきました。
息子ちゃんの表情も豊かになって、ますます可愛いです。
主人にはお風呂に入れてもらったり、お休みのときにはよく面倒をみてもらっています。
大変な分、以前とは違った形の絆がうまれたように思います。
ランさんのおっしゃるとおり、夫婦円満、笑顔で接することが赤ちゃんにとって何よりの愛情かなと思います。

テスト投稿

テスト投稿

コメントを書き込む

名前
メール
URL
コメント

プロフィール

一之瀬さん

ヨガの持つ精神性や奥深さに感銘を受け、さまざまなヨガスタイルを学ぶ。

心と体のつながりを大切に、幅広くヨガの指導を行っている。

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師およびヨーガ療法士
全米ヨガアライアンス公認インストラクター