こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 美容と健康 > 深層ココロBlog > 2011年10月

深層ココロBlog

2011年10月

息を吐いて元気になろう!

またまた大変ご無沙汰してしまいました。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。
せめて月にいちどは更新したいと思いながらも
なかなか実現できず、申し訳ありません。

私は7月からヨガのレッスンを
少しずつ再開し始めて元気にやっております。
息子は8カ月になり、つかまり立ちをするように
なったらぐんと世界が広がったようで、好奇心の塊です(^^)
最近はパソコンを開くとすぐに寄ってきて
キーボードをバンバンたたくので、油断も隙もありません。

さてさて、皆さんは健康でいるために
日ごろ気をつけていることはありますか?
健康で、元気でいるためには、
「疲れをためこまない」ことがとっても大切です。

体が疲れていたり、ストレスが溜まっているときというのは、
体が酸性に傾いた状態にあります。
疲れの原因となる疲労物質である乳酸、これを短時間で
簡単に減らすことのできる方法があります。

それは、『長く吐く呼吸』です。
呼吸と言うと、新鮮な空気をたくさん吸うといいような
気がしますが、実は逆です。
吸う息が長い呼吸では体内の乳酸に変化がないのですが、
吐く息が長い呼吸のときには乳酸がぐっと減るのです。

また、吐く息というのは体をリラックスさせると同時に、
副交感神経を働かせて、心も落ちつかせることができます。
緊張やイライラからも解放してくれるのです。

疲れたなぁ・・・と感じた時は、ちょっと手を休め、
目を閉じて自分の呼吸だけに集中してみてください。
最初は意外にゆっくりと深く息を吐くことが難しいと
感じるかもしれません。
でも繰り返し行ううちに徐々に長く息を吐くことが
できるようになってきます。

「長い息」=「長生き」とも言いかえることができるでしょう。
まさに深く長い息こそ健康の秘訣なのです。

プロフィール

一之瀬さん

ヨガの持つ精神性や奥深さに感銘を受け、さまざまなヨガスタイルを学ぶ。

心と体のつながりを大切に、幅広くヨガの指導を行っている。

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師およびヨーガ療法士
全米ヨガアライアンス公認インストラクター