こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 美容と健康 > 深層ココロBlog > 2013年5月

深層ココロBlog

2013年5月

99%の実践と1%の理論

皆さん、大変ご無沙汰してしまいましたがお元気にお過ごしでしょうか。
すっかり暖かくなり、外に出るのが気持ちのいい季節になりましたね。
私は冬が苦手なほうなので、この時期になると自然とやる気がわいてきて、
いろんなことにチャレンジしてみよう!という気持ちになります。

今回は私の心の指針となっている言葉、
『99%の実践(Practice)と1%の理論(Theory)』
についてお話します。
これはアシュタンガヨガというヨガの創始者、
パタビジョイス師の言葉です。

年を重ねるともに自分のパターンが出来あがってきて、
いつものやり方、自分の考え方の癖、行動範囲など、
自分の枠から一歩踏み出すことがとても難しく感じてしまいます。
つい頭が先に働いてしまって、自分の年齢や周りの環境を理由に、
自分で自分を制限してしてしまったり・・・。

私はもともと体がとても硬く、ヨガを始めた当初、
自分ができないポーズがあると、
「このポーズ、私は骨格的に無理なんじゃないか」とか、
「マットが滑るからうまくできない」など様々な理由をつけていました。
でも結局あきらめず練習し続けることでできるようになり、
『99%の実践(Practice)と1%の理論(Theory)』
を実感することができました。

例えば健康になりたくて、たくさんの健康になるための本を
いくら読んだとしても、実際にその健康法をやってみなければ
何の意味もありません。
どんなことでもまずはやってみる、行動する、これが大事です。

初めからあきらめずに、とにかくやってみましょう。
そして続けてみましょう。

山に登るとき、一歩一歩自分の足で歩いて初めて、
今まで見えなかった景色を見ることができるのと同じように、
実践を重ねてゆく中で、初めて見えてくることがあります。

自分の体験の中から得たものが、
その先へと自分を導いてくれることでしょう。

プロフィール

一之瀬さん

ヨガの持つ精神性や奥深さに感銘を受け、さまざまなヨガスタイルを学ぶ。

心と体のつながりを大切に、幅広くヨガの指導を行っている。

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師およびヨーガ療法士
全米ヨガアライアンス公認インストラクター