こちらは、女性の働きたい気持ちの一歩を応援する「キャリア・マム」サイトのバックナンバーです。⇒最新の情報はこちらからご覧ください。

しごとくらしコミュニティ

HOME > くらし > 教育 > 子どもの金銭教育 > 2008年

子どもの金銭教育

お金を大切に使える子になってほしいのが親心。
でも、どんな風におしえたらいいのかな…?
そんな悩めるママたちに、ファイナンシャルプランナーの羽田野先生がアドバイスしてくれます!

2008年の記事一覧

何をおしえればいいの?(4)「お金では買えないものがある」

金銭教育は必要だと思っていても、いったいナニをどうおしえたらいいの? (1)お金をためるということ (2)使えるお金には限りがある (3)稼ぐことの大変さ 4回目の今日は 【お金では買えないものがある】 『お金を稼ぐのは大変...

何をおしえればいいの?(2)「お金は限られている」

 金銭教育は必要だと思っていても、いったいナニをどうおしえたらいいの?  前回は【お金をためる】ということでしたね。 お年玉は、口座を作って貯金しましたか?  大きなお金が手に入ったら将来のために貯金する習慣をつけましょう。   さて、今日...

何をおしえればいいの?(1)「お年玉」

金銭教育は必要だと思っていても、 いったいナニをどうおしえたらいいの?  今日はその中の一つ【お金をためる】 ということを考えてみましょう。 お子さんがもらったお年玉、どうしましたか? 一部は好きなものを買って、あとは預かっておく というお...

何をおしえればいいの?(3)「稼ぐ事の大変さ」

金銭教育は必要だと思っていても、いったいナニをどうおしえたらいいの?  ( 1 )お金をためるということ ( 2 )使えるお金には限りがある 3 回目の今日は 【稼ぐ事の大変さ】 お金を稼ぐというのは大変なことですね。 みなさんはよくご存知...

子どもの金銭教育TOPへ

プロフィール

羽田野先生羽田野 博子

ファイナンシャルプランナーくらしと家計のサポートセンター代表
独立系FPとして相談業務やセミナー講師として活躍するかたわらNPO法人マネー・スプラウトの代表として金銭教育の普及活動中。3人の子どもへのマネー教育も実践。

【著書】
■Newおこづかいゲームブック~遊んで身につく!お金の感覚
■定年後のお金「完全」マニュアル

【メールマガジン】
■親子で学ぼう金銭教育!
■マネー・スプラウト通信

メールマガジンの登録はコチラ
マネースプラウト